ミュシャ最高傑作のスラヴ叙事詩20作品徹底解説の国立新美術館公式カタログ。チェコから初めて国外に出たスラブ叙事詩大きな画像を見れて、しかも詳細の解説がここまでついた今までにない図録。編集はチェコまで飛びより正確な色を求め、現地のキュレーターより詳細解説を求めた。アルフォンス・ミュシャの決定版図録。
|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内

 Category

 
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸絵画
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定 サイン本 ★
★ 限定 特装・豪華本 ★
グッズ
2016年版カレンダー
2017年版カレンダー
アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧 表

 Contact

     
  営業部
Tel:03-3239-3381
 
 
  編集部
Tel:03-3239-3382〜3
 
 
 
e-mail
 
 

 求龍堂公式SNS

洋画 > ミュシャ展 (展覧会公式カタログ)
  前の書籍 ミュシャ展 (展覧会公式カタログ) 次の書籍  
ミュシャ展 (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
ミュシャ展 (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2017年03月
定価 : 2,400 (本体 : 2,222 円)
ISBN 978-4-7630-1703-1 C0071






115,000部突破!
最高傑作《スラヴ叙事詩》チェコ国外世界初公開

国立新美術館「ミュシャ展」公式カタログ



《スラヴ叙事詩 原故郷のスラヴ民族》©Prague City Gallery


華やかなアール・ヌーヴォー時代から、
苦悩の大作《スラヴ叙事詩》全20作まで、最新の研究を一挙収録。
ミュシャという宇宙に浸る決定本。




アール・ヌーヴォーを代表する芸術家ミュシャ(ムハ)。
パリで活躍したミュシャが、故郷チェコに帰り傑作《スラヴ叙事詩》を描く
に至るまでの足跡を時代ごとに作品で紹介。
チェコ国交回復記念60周年を記念し国外不出の《スラヴ叙事詩》全20点を展示
する国立新美術館『ミュシャ展』公式図録兼書籍。


●日英併記

編集/国立新美術館、NHK、NHKプロモーション、求龍堂

A4変形 並製本 252頁(図版点数152点)
※カバーに付いているオレンジの丸いシールは簡単にはがれます。


【展覧会情報】
「ミュシャ展」
日時:2017年3月8日(水)〜6月5日(月)
会場:国立新美術館 ≫
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

オフィシャルホームページ
「ミュシャ展」 OFFICIAL WEB ≫



《スラヴ叙事詩 ヴォドニャヌイ近郊のペトル・ヘルチツキー》


《スラヴ叙事詩 スラヴ菩提樹の下でおこなわれるオムラジナ会の誓い》


[地図]《スラヴ叙事詩》の舞台となった場所


<目次>

・《スラヴ叙事詩》のメッセージ/ヴラスタ・チハーコヴァー
・世紀転換期のナショナル・アイデンティティを描く─1900年パリ万国博覧会ボスニア・ヘルツェゴヴィナ館と
 フィンランド館の壁画/本橋弥生


【カタログ】

 ・スラヴ叙事詩
  [地図]《スラヴ叙事詩》の舞台となった場所
  《スラブ叙事詩》解説
  [コラム] ムハ─視点の系譜/ヤルミラ・ムハ・プロツコヴァー

 i ミュシャとアール・ヌーヴォー
 [コラム] 父とドイ・コレクション/土居いづみ
 ii 世紀末の祝祭
 iii 独立のための闘い
 iv 習作と出版物


・アルフォンス・ムハと装飾画の復興─フランスの文脈を通して
 /ドミニク・ロブスタイン& マルケータ・タインハルトヴァー
・関連年表/西 美弥子(編)
・作品リスト
・主要参考文献/西 美弥子(編)




《スラヴ叙事詩 原故郷のスラヴ民族》解説


《メディア》《ロレンザッチオ》《ハムレット》《トスカ》


《黄道十二宮》《ビザンティン風の頭部「ブルネット」》《ビザンティン風の頭部「ブロンド」》


《ウミロフ・ミラー》


《ヒヤシンス姫》


  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.