|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内

 Category

 
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸絵画
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定 サイン本 ★
★ 限定 特装・豪華本 ★
グッズ
2017年版カレンダー
2018年版カレンダー
アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧 表

 Contact

     
  営業部
Tel:03-3239-3381
 
 
  編集部
Tel:03-3239-3382〜3
 
 
 
e-mail
 
 

 求龍堂公式SNS

画文集 > 舟越保武 石と随想
  前の書籍 舟越保武 石と随想 次の書籍  
舟越保武 石と随想


[ 画像を拡大 ]
舟越保武 石と随想
刊行 : 2005年01月
定価 : 3,240 (本体 : 3,000 円)
ISBN 4-7630-0429-8 C0071






石彫 彫刻家の第一人者として高い評価を得、現在も多くの人に愛される作品を世に送り出した”舟越保武”代表作から静謐なる美をたたえる女性像、晩年の左手で作られた作品までを珠玉の随想とともに綴る作品集。没後3年にあたり、待望の記念刊行。

私の中に見える源流には、古い時代の職人たちの仕事場がある。
その仕事場に行って、昔の石職人たちの仲間に入れてもらいたい。そこで素朴な石職人たちと一緒に、同じような仕事を、コツコツと気ながに仕事したい。
職人達は、名もなく、雑念もなく、芸術論もなく、のどかに仕事を続けているのだろう。ただ出来上る仕事だけが、素晴らしいのだ。
この人達こそ、私が最も信頼できる人達なのだ。
私は、源流にあるその地味な仕事に憧れている。
私は、生れるのが千年遅すぎた。
               舟越保武(本書より)

写真/高瀬良夫、藤本四八 

B5変型 上製本 128頁(立体30点、素描18点、随想12篇)

◆舟越保武(ふなこしやすたけ)
1912年、岩手県生まれ。
東京美術学校(現東京芸術大学)彫刻科卒業。
新制作派協会彫刻部の創立に参加。独力で学んだ直彫りによる石彫の第一人者として活躍。
1950年、洗礼を受ける。キリシタン弾圧をテーマにした《長崎26殉教者記念像》《原の城》などの代表作をはじめ、静謐なる美をたたえる聖女や女性像のつくり手としても知られる。
『巨岩と花びら』が日本エッセイストクラブ賞を受賞するなど、随筆にも多くのファンをもつ。
1987年、病に倒れ右半身が不自由になるが、左手で創作活動を続ける。
1999年、文化功労者に選ばれる。
2002年、逝去。享年89歳。

舟越保武 関連書

舟越保武全随筆集 巨岩と花びら ほか

舟越保武全随筆集 巨岩と花びら ほか

ISBN 978-4-7630-1218-0 C0071

2,808円(本体2,600円)

舟越保武 - まなざしの向こうに - (展覧会公式カタログ)

舟越保武 - まなざしの向こうに - (展覧会公式カタログ)

ISBN 978-4-7630-1413-9 C0071

2,700円(本体2,500円)


  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.