|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内

 Category

 
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸絵画
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定 サイン本 ★
★ 限定 特装・豪華本 ★
グッズ
2017年版カレンダー
2018年版カレンダー
アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧 表

 Contact

     
  営業部
Tel:03-3239-3381
 
 
  編集部
Tel:03-3239-3382〜3
 
 
 
e-mail
 
 

 求龍堂公式SNS

海外文芸 > 石を積む人
  前の書籍 石を積む人 次の書籍  
石を積む人


[ 画像を拡大 ]
石を積む人
刊行 : 2004年10月
定価 : 1,512 (本体 : 1,400 円)
ISBN 4-7630-0435-2 C0097






2015年映画化決定!
映画『愛を積む人』の原作本。

佐藤浩市、樋口可南子「愛を積むひと」で初の夫婦役!
娘役は北川景子。


石をひとつずつ積むように、やさしい時間を重ねた夫婦の物語。


みなから「ストーンマン」と呼ばれた、人生の盛りを過ぎたひとりの男。
彼は、不器用に、ただひたすらに、愛する人との約束を果たそうとした。
あふれてくる、温かい涙と、温かい感情。
夫婦間、世代間において、自分の生き方や愛し方を改めて考え、変わるきっかけになる作品。


著/エドワード・ムーニー・Jr. 訳/杉田七重 

四六判 上製本 468頁


 [ストーリー]
残りの人生でやり残したことをやろうとした、ひと組の仲睦まじい老夫婦。妻のアンは言った。「やりかけたままの石の塀を完成させてちょうだい」妻との約束を果たすため、ジョーゼフは思うように動かない体で、ひとり石塀を作る。そんなある日、アンが倒れた。余命いくばくもないことを、戸惑いながらも受け入れる夫婦。アンを安心させるため、長年折り合いの悪かった息子ポールと5年ぶりに会い、関係を修復しようとするジョーゼフ。孤独な少女シャノンとの出会いも、アンの最後の人生に花を添えるものだった。夫ジョーゼフを残したまま、とうとう死を迎えたアンは、部屋のあちこちに夫に宛てた手紙を残す。それは、伝えそびれたジョーゼフへの、感謝の言葉や思いやりの言葉といった、愛のメッセージ。ひとり残され孤独感を募らせていたジョーゼフは、妻の手紙にどれほど救われたことか。アンへの愛を再認識するジョーゼフ。
ある日ジョーゼフは、ティムとアイザイアという少年ふたりに襲われる。裁判で有罪になったふたりを救うため、石塀作りを手伝ってもらうことにした。アンとの約束はなんとしてでも果たさなければならない。自分には時間がない…。
ぎくしゃくと、しかし確実に心を通わせながら、ジョーゼフはシャノンとティムと触れ合っていく。しかし、アイザイアとはなかなか心を通わせられない。それでも石塀は次第にできあがっていった。
石塀を作ることでアンが伝えたかったこと、それは、若い人たちに優しい手を差し伸べてほしいという、愛情溢れる切なる願いだったのだ。
アンの愛は、残された者たちを救うのだろうか。ジョーゼフは、妻との約束を果たせるのだろうか。そして、少年たちにジョーゼフの思いは通じるのだろうか…。


◆エドワード・ムーニー・Jr
マサチューセッツ州で生まれ、カリフォルニア州のタスティンで育った。モンタナ州立大学とカリフォルニア大学リバーサイド校を卒業後、システムプログラミングの仕事を経て、一九八八年よりハイスクールの教師として働く。今でも、より使いやすいコンピューターを見つけ、学生たちにやさしく教えることに熱意を燃やしている。
 現在はカリフォルニアに妻、五人の子どもと暮らしている。とにかく旗が大好き。スカンジナビアの旗や、由緒あるアメリカの国旗を、家に数本所有する旗ざおにしょっちゅう掲げ、ときに近所の人々に不思議がられている。地図、旅行、読書、執筆、コンピューター、ホームページの作成、キャンプなど、多彩な趣味を誇る(無類のチョコレート好きとしても知られている)。

◆杉田七重 (すぎたななえ)
東京生まれ。東京学芸大学教育学部国語科卒業。訳書に『もしも、あなたの言葉が世界を動かすとしたら』(M・ウィートリー著)、『あなたは、あなたであるから素晴らしい』(W・ドライデン著)(以上、PHP研究所)、『サハラに舞う羽根』(A・E・W・メイスン著、金原瑞人と共訳、角川書店)、『人類最高の発明アルファベット』(J・マン著、金原瑞人と共訳、晶文社)、『愛と成功の確率』(G・ベア著、田中亜希子と共訳、集英社)などがある。




読者の声

愛する心、やさしい気持ち、そういう「愛」のある人でありたいと願い、生きていきたいと強く感じた作品でした。
(廣井雅恵 32歳)
 
涙を流しすぎました。人前で読まないほうがよいでしょう。
(有田敬弘 44歳)

ジョーゼフの弱い一面や、実行力のないところが、私の大切なひとと似ている気がしました。
(矢島あゆ美 21歳)

今こそ、人の心の絆「心の愛」を思い起こそうではないかと呼びかける作者の叫びが、私たち読者の心を震撼させる。
(有我義則 68歳)

私たち夫婦は今年で19年目を迎えます。この本を読んでジョーイとアニーのように、年を重ねていきたいと思います。
(和地百江 40歳)


  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.