|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内

 Category

 
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸絵画
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定 サイン本 ★
★ 限定 特装・豪華本 ★
グッズ
2017年版カレンダー
2018年版カレンダー
アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧 表

 Contact

     
  営業部
Tel:03-3239-3381
 
 
  編集部
Tel:03-3239-3382〜3
 
 
 
e-mail
 
 

 求龍堂公式SNS

エッセイ > 猫を抱いた父
  前の書籍 猫を抱いた父 次の書籍  
猫を抱いた父


[ 画像を拡大 ]
猫を抱いた父
刊行 : 2013年05月
定価 : 1,728 (本体 : 1,600 円)
ISBN 978-4-7630-1310-1 C0095





遠い記憶を呼び起こす珠玉のエッセイ集!
明日を生きる道しるべ


忘れられない出来事と、忘れたくない人たち。
過去からの声に耳をすませば、懐かしいあの人が元気をくれる。


<主な内容>
●犠 ・ ごんぎつねと「ヘイ ジュード」 ●蕎 ・ ミニチュアの虹
幼少期に自我の目覚めと共に味わう世の理不尽さ、子供の世界ならではの忘れえぬ物語。
東京での一人暮らしで出合う社会の風と思わぬ他人の助けやぬくもり、著名人との仕事で心を捉えた出来事……。
失敗や挫折を繰り返し奮闘する私たちへ、勇気と過ぎ去りし日への苦笑い、すこしの涙を与えてくれる温かい物語、33話。
●珪 ・ うちの殿下=戦後の日本が引きずってきた、歴史書には残らない「市井の人の心」が辿った運命の路。
デビュー作『散るぞ悲しき』で、はからずも戦後を追うこととなった著者が取材で出合った、亡き人を想う人々の切なくも深い人間的行動を、秀逸かつ温かい言葉で綴った魂の記録など14話。

梯 久美子

四六版 上製本 224頁


◆梯 久美子(かけはしくみこ)
1961年熊本県生まれ。北海道大学文学部国文学科卒業。OLとして大手企業の社長室勤務を経て編集・広告プロダクションを起業。
2001年よりフリーライターとして雑誌『アエラ』」などにルポルタージュを執筆してきた。2006年、作家デビュー作の『散るぞ悲しき 硫黄島総指揮官・栗林忠道』が大宅壮一ノンフィクション賞を受賞する。同書は世界8カ国で翻訳・出版されている。主な著書に『世紀のラブレター』、『昭和二十年夏、女たちの戦争』、『硫黄島 栗林中将の最期』、『百年の手紙ー日本人が遺したことば』など多数。


  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.