|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内

 Category

 
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸絵画
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定 サイン本 ★
★ 限定 特装・豪華本 ★
グッズ
2017年版カレンダー
2018年版カレンダー
アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧 表

 Contact

     
  営業部
Tel:03-3239-3381
 
 
  編集部
Tel:03-3239-3382〜3
 
 
 
e-mail
 
 

 求龍堂公式SNS

建築・音楽・評伝 > 評伝  > 上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後
  前の書籍 上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後 次の書籍  
上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後


[ 画像を拡大 ]
上村松園全随筆集 青眉抄・青眉抄その後
刊行 : 2010年07月
定価 : 2,808 (本体 : 2,600 円)
ISBN 978-4-7630-1027-8 C0071






上村松園の名随筆2冊の全文を収録し
「全随筆集」として復刻!

死ぬほどの苦しみを幾度もいく度も突き抜けて来た
                  ―上村松園

ただ美しいだけの「美人画」の概念を越え、内なる強さを秘め息づく女の美を描いた上村松園。
描かれた女性像は一世紀近くの歳月を経た今日も匂いたつような気品と凛としたたたずまいで、見るものを魅了し続ける。
女がひとりで生きていくことさえも難しかった時代に、筆一本で自分の道を切り開き、永遠の美の世界をつくり上げた画家の生きる姿は、現代の我々に大いなる勇気を与えてくれる。

四六判 上製本 384頁(巻頭口絵4頁)

◆上村松園 (うえむらしょうえん)
明治八年(一八七五)、京都市に、葉茶屋を営む上村家の次女として生まれる。
本名、津禰。父は誕生の二ヶ月前に他界し、母の手により育てられた。
十二歳で京都府画学校に入学、鈴木松年に師事し、翌年松年の退職に伴い画学校を退学、松年の塾生となる。
その後、幸野楳嶺、竹内栖鳳に師事。
明治二十三年(一八九〇)、第三回内国勧業博覧会の出品した《四季美人図》が一等褒状を受賞し、英国コノート公の買い上げとなるなど海外の博覧会、国内の美術展で受賞し早くより女流日本画家として活躍。
昭和二十三年(一九四八)には女性として初めて文化勲章を受章した。
昭和二十四年(一九四九)、七十四歳で逝去。
日本画家の上村松篁は息子、上村淳之は孫にあたる。

  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.