|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」関連企画
新作能「沖宮」上映会

2011年の東北の大震災をきっかけに水俣病を描いた小説『苦海浄土』で世界的に評価をえている作家・石牟礼道子と、紬織の重要無形文化財保持者・志村ふくみは、現代日本への危機感を募らせ、次世代に残したい最後のメッセージを新作能「沖宮」に託しました。

発案から7年。石牟礼が逝去した2018年、本公演は志村家のプロデュース、石牟礼の後援者、チケット購入で応援する一般の賛同者の支援により実現しました。公演は日本中から注目をあび、東京・京都のチケットは即日で完売となりました。国立能楽堂で行われた東京公演には美智子上皇后のご来臨も賜り、新聞各紙で取り上げられました。

衣裳監修の志村ふくみは「吉岡徳仁 光庵」の写真集に寄稿し「この庵は色(しき)でもあり、空(くう)でもある」と称賛しています。国立新美術館・特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」関連企画として、吉岡が賛同人となった新作能「沖宮」の舞台映像の上映会を行います。


特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」関連企画
新作能「沖宮」上映会

日時:2019年7月7日(日)
場所:国立新美術館3階 講堂

   開催概要はこちら
【 応募方法 】
  先着200名様の定員となりました為、受付を終了させていただきました。

【 司会 】
志村昌司
(しむら・しょうじ) 株式会社ATELIER SHIMURA代表取締役
1972年京都市生まれ。
京都大学法学研究科博士課程修了。
京都大学助手、英国Warwick大学客員研究員を経て、2013年、祖母・志村ふくみ、母・志村洋子とともに芸術学校・アルスシムラを設立。
2016年、染織ブランド・アトリエシムラ設立。
この度の新作能「沖宮」をプロデュースしている。

開催概要


特別公開「吉岡徳仁 ガラスの茶室 - 光庵」関連企画
新作能「沖宮」上映会
  会期   2019年7月7日(日)
  時間   開場14:30 開演15:00
  入場料   無料招待制
  会場   国立新美術館3階 講堂
  〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
  アクセス ≫
  主催   株式会社 求龍堂
  特別協力   株式会社 吉岡徳仁デザイン事務所
  石牟礼道子と志村ふくみの願いを叶える会(株式会社 FUKUMI SHIMURA、株式会社 ATELIER SHIMURA)