|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
洋画 > 藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。

前の書籍 藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。 次の書籍

藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。


[ 画像を拡大 ]
藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。
刊行 : 2015年2月
定価 : 2,860 円 (本体 : 2,600 円)
ISBN 978-4-7630-1501-3 C0071
数量 



天才画家の意外な素顔。
武家の血筋を受け継ぐ、絵筆で戦った侍!
窮地を救い支えた人々との交流、知られざる暮らしが今、活き活きと蘇る。


近代日本美術史の上で最も重要な位置にある画家の一人、藤田嗣治。
未発表資料や、遺族への綿密な取材、親しく交流を持った人々との手紙など、第一級資料をもとに検証する、謎多き画家「フジタ」の真実に迫る人物伝。

著/矢内みどり(美術史家、元・目黒区美術館学芸員)

四六判 上製本 238頁

◆藤田嗣治(ふじたつぐはる)
1886年、東京生まれ。軍医の次男として育ち、少年時代から絵画に傾倒する。
戦前よりフランスのパリで活動、猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」とよばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びた、エコール・ド・パリの代表的な画家である。
フランスに帰化後の洗礼名はレオナール・フジタ。
1968年没。



写真/土門拳


この投稿をInstagramで見る

「美」の人物伝シリーズ第7弾「いのちへのまなざし 熊谷守一評伝」 諸文献に残された熊谷自身の言葉、著者がから直接聞いた話、熊谷とつながりのあった人たちの証言や同時代の評論から考察。熊谷の生の声を知る著者が、客観的資料をもとにまとめた熊谷研究50年の成果。 「仙人」ではない、「人間」熊谷守一の人と作品について、愛情をこめて丁寧に綴 る。 「美」の人物伝シリーズ第6弾「藤田嗣治とは誰か 作品と手紙から読み解く、美の闘争史。」 近代日本美術史の上で最も重要な位置にある画家の一人、藤田嗣治。未発表資料や、遺族への綿密な取材、親しく交流を持った人々との手紙など、第一級資料をもとに検証する、謎多き画家「フジタ」の真実に迫る人物伝。 展覧会情報 「生誕140周年 熊谷守一展 わたしはわたし」 日時:2020年6月23日(火)〜2020年7月31日(金) 会場:伊丹市立美術館 日時:2020年7月2日(木)〜2020年8月2日(日) 会場:天童市立美術館 日時:2020年11月3日(火)〜2020年12月20日(日) 会場:奥田元宋・小由女美術館 日時:2021年2月11日(木)〜2021年3月14日(日) 会場:石川県立美術館 #熊谷守一 #藤田嗣治 #評伝 #伊丹市立美術館 #天童市立美術館 #奥田元宋小由女美術館 #石川県立美術館 #美術館 #展覧会 #絵画 #近代美術 #美術史 #美術 #芸術 #アート #画集 #作品集 #美術書 #芸術書 #プレゼント #フォローミー #いいね #求龍堂 #art #artbook #Japaneseart #gift #followme #likeforlike #kyuryudo

求龍堂(@kyuryudo_art_publishing)がシェアした投稿 -






 藤田嗣治 関連書

レオナルド藤田嗣治 覚書 レオナール・フジタとの散歩

レオナルド藤田嗣治 覚書 レオナール・フジタとの散歩

ISBN 978-4-7630-2014-7 C0070

3,850円(本体3,500円)