|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
色彩飛行
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
日本画 > 田渕俊夫画集 刻を描く (展覧会公式カタログ)

前の書籍 田渕俊夫画集 刻を描く (展覧会公式カタログ) 次の書籍

田渕俊夫画集 刻を描く (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
田渕俊夫画集 刻を描く (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2021年1月
定価 : 2,750 円 (本体 : 2,500 円)
ISBN 978-4-7630-2102-1 C0071
数量 


画業60年記念出版
時間の流れがつくり出す情景から
光、命、人、刻を丹念に描き出す
日本画家田渕俊夫の今。


日本美術院理事長で、2019年度の文化功労者にも選ばれた日本画家田渕俊夫の、画業60年を記念した回顧展の開催に合わせ、十数年ぶりの画集刊行。
初期の作品から新作の絵巻まで50点を掲載、60年の画業を凝縮して回顧する内容。
悠久の刻を描いた屏風作品、総本山智積院の障壁画、鶴岡八幡宮絵巻といった大作を、観音開きでダイナミックに見ることができる。また、令和改元の際の皇室行事「大饗の儀」のために制作した宮内庁蔵の《悠紀地方風俗歌屏風》も掲載。
本書では、風景を見て、そこに生きる人々の息づかいを思い、光、命、人、刻を描き出す田渕俊夫の世界観を伝えるため、「水と光」「草と花」「旅と刻」「人の刻」「命と光」というテーマに分けて、作品を掲載。制作年順に見るのとは違ったアプローチで、田渕俊夫の今に迫る。

<目次>
刊行によせて
第1章 水と光
第2章 草と花
第3章 旅と刻
第4章 人の刻
第5章 命と光 田渕俊夫の今
田渕俊夫 日本絵画はどう受け継がれるか/古田亮
田渕俊夫 年譜
掲載作品目録
List of Works

著/田渕俊夫

B5変型 並製本 144頁(掲載作品50点)

【展覧会情報】
画業60年「田渕俊夫展」
日時:2021年1月9日(土)〜2021年1月20日(水)
会場:日本橋三越本店 ≫
日時:2021年4月18日(日)〜2021年5月30日(日)
会場:徳川美術館 ≫
日時:2021年6月3日(木)〜2021年8月6日(金)
会場:平山郁夫美術館 ≫
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

オフィシャルホームページ
田渕俊夫 OFFICIAL WEB ≫

◆田渕俊夫(たぶちとしお)
1941年東京生まれ。
1965年東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業、1967年東京藝術大学大学院美術研究科絵画専門課程(日本画)修了。修了制作《水》が大学買上げとなる。平山郁夫を師事。
1968年再興第53回日本美術院展で《ヨルバの神々》が初入選。以後、数々の賞を受賞。
2019年度の文化功労者として顕彰される。
現在、日本美術院同人、代表理事(理事長)、東京藝術大学名誉教授。