|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
【期間限定】生活応援半額フェア 【 緊急事態宣言中 】
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
色彩飛行
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
現代美術 > 筒井伸輔画集

前の書籍 筒井伸輔画集 次の書籍

筒井伸輔画集


[ 画像を拡大 ]
筒井伸輔画集
刊行 : 2021年2月
定価 : 3,960 円 (本体 : 3,600 円)
ISBN 978-4-7630-2103-8 C0071
数量 


ロウの積層で虫という存在の痕跡を封じ込める。
重なり合い、混じり合う色と形は、新たな造形を生み出す。
独自の手法で描き続けた、筒井伸輔30年の軌跡。


身のまわりで採集した虫をモチーフに、蝋を用いて表現を続けてきた画家筒井伸輔。
採集してきた虫を標本にし、それを顕微鏡で撮影して作ったフィルムを紙に投影し、作品を作り上げていく。モチーフの形はそのままに、彩色した蝋を重ねていくと、平面のモチーフは立体的に見えてくる。虫の存在を丁寧に積層に封じ込めていく作業は緻密で繊細。彩色された虫は、別なものに生まれ変わったかのようだ。地道に制作し続けてきた作品を、あるがままに見せる。
本書は非常にシンプルな画集だが、虫の存在の痕跡を封じ込めた世界は、見れば見るほど奥が深い。
本書の完成を見ずに、筒井伸輔はこの世を去った。2019年4月に病が判明して以降、通院と治療をくり返しながらも、静かな情熱をもって最後まで作品をつくり続けた。どんな画集にするか、本書の制作にも最後まで携わった。本書は可能な限り筒井伸輔本人の意向に添った構成となっている。ただただ純粋に作品を見せる、そういう思いが伝わる画集である。
取り扱い画廊であるミヅマアートギャラリーの全面協力で本書は刊行された。父筒井康隆の著書『聖痕』が朝日新聞に連載されていた際の挿絵全238点も掲載。画家筒井伸輔の生きた証がここにある。

●日英併記

A4判 上製本 128頁(図版354点)

【展覧会情報】
「筒井伸輔 特別展示」
日時:2021年2月12日(金)〜2021年2月18日(木)
会場:ミヅマアートギャラリー ≫

◆筒井伸輔(つついしんすけ)
1968年 8月21日、東京都生まれ
1992年 武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業
2020年 2月24日、死去

個展
2020年 ミヅマアートギャラリー(14、10、07、05、03、01、00、98、97、96、95)
2006年 Disco
1997年 海文堂ギャラリー
1995年 モリスギャラリー(94)
1994年 フタバ画廊(93)

グループ展
2019年 「Hopes & Dialogues in Rumah Kijang Mizuma」Mizuma Gallery(シンガポール)
2018年 「筒井康隆展」世田谷文学館
2009年 「November Steps -Susan Phillipsz & Gallery Artists-」ミヅマアートギャラリー
2008年 「JAPAN NOW」Inter Alia(ソウル)
2002年 「掌8」レントゲンヴェルケ
2001年 「掌7」レントゲンクンストラウム
2000年 「むし・虫・ワールド」群馬県立近代美術館
1997年 「VOCA 展 ’97:現代美術の展望─新しい平面の作家たち」上野の森美術館