|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2019年版カレンダー
2020年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
洋画 > 堀内康司の遺したもの

前の書籍 堀内康司の遺したもの 次の書籍

堀内康司の遺したもの


[ 画像を拡大 ]
堀内康司の遺したもの
刊行 : 2013年10月
定価 : 3,300 (本体 : 3,000 円)
ISBN 978-4-7630-1325-5 C0071

再生あるいは希望


池田満寿夫を見いだし、真鍋博、靉嘔らとグループ「実在者」を結成した画家は、何故みずから絵筆を折り、若い才能の礎となったのか?
堀内康司、初の画集。

著/堀内康司

寄稿/土方明司(平塚市美術館館長代理)、木下晋(画家)、 歌田真介(画家・美術修復家)、他

B5版 並製本 214頁(図版点数231点)