|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
海外文芸 > 理想的な結婚の後始末

前の書籍 理想的な結婚の後始末 次の書籍

理想的な結婚の後始末


[ 画像を拡大 ]
理想的な結婚の後始末
刊行 : 2007年3月
定価 : 1,980 円 (本体 : 1,800 円)
ISBN 978-4-7630-0702-5 C0097
数量 

品切


名作「クレイマー・クレイマー」から30年。
社会問題にユーモアを交えて描く作品が好評のエイヴリー・コーマンの最新作は現代の離婚事

完全なる離婚の果てに待っていたものは…!
ロブ・バロウズとカレン・バロウズ。二人は理想的な結婚をした。お互いの仕事を尊重しながら築く幸せな家庭。一人息子トミーも産まれ、三人で家族旅行に行ったりもした。しかし、いつの日からか、その理想的な結婚に翳りが出てきた。すれ違いの毎日、言い争いの絶えない毎日。出張ばかりで家にいない夫。自分のキャリアを確率するのに必死な妻。そして、離婚。
離婚後も、二人はトミーにとって完璧な状態を保ってきた……はずだった。
完璧だったのか、そうでなかったのか、それはトミーが教えてくれた。

著/エイヴリー・コーマン 訳/大谷真弓

四六判 上製本 512頁