|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内
書籍一覧はこちら ≫

Morikazu Kumagai
熊谷守一


1880年岐阜県に生まれる。裕福ながら複雑な家庭に育ち、のち家の没落にあう。
東京美術学校西洋画科選科を首席で卒業。同級生に青木繁がいた。
実母の死を契機に30代の6年間を郷里で暮らし、うち最後の2冬は山奥で伐採した木を川流しで搬送する日傭(ヒヨウ)の仕事を体験する。
1938年頃より、輪郭線と平面による独特な表現に移行し、近代日本洋画に超然たる画風を築く。
欲の無い生き方とその風貌から「仙人」と呼ばれ、生き様、作品、書などが多くの文化人を魅了する。
87歳のとき文化勲章の内定を辞退。
俗世の価値観を超越した自由な精神で、ただ自由に自分の時間を楽しむことだけを願った生涯だった。1977年、97歳で亡くなる。
1985年5月、自宅跡地に熊谷守一美術館が開館。2015年9月、郷里の岐阜県中津川市付知町に熊谷守一つけち記念館が開館。

1880年 4月2日、岐阜県恵那郡付知村(現・中津川市付知町)に生まれる。
1904年 東京美術学校(現・東京藝術大学)西洋画科選科を首席で卒業。
1905年 農商務省樺太調査隊に記録係の画家として参加。
1909年 第3回文展に《蠟燭》を出品、褒状を受ける。
1910年 実母の死を契機に東京での生活を切り上げ、郷里で暮らす。
1913年 山奥で伐採した木を川流しで搬送する日傭(ヒョウ)の仕事を体験する。
1915年 再び上京する。第2回二科展に出品。以後1943年の第30回までほば毎年二科展に出品を続ける。
1922年 大江秀子と結婚。2男3女をもうける。
1928年 次男・陽を2歳で亡くす。このとき死んだ子供の顔《陽》(現題名《陽の死んだ日》)を描く。
1932年 東京市豊島区長崎町(現・豊島区千早)にアトリエつきの自宅を建築する。ここは、1985年に建て替えられ、現在の豊島区立熊谷守一美術館となる。三女・茜を1歳で亡くす。
1938年 この頃から日本画の展覧会がたびたび開かれるようになる。
1939年 第26回二科展に《岩殿山》《麦畑》《桑畑》を出品。輪郭線と平面による画風を築く。
1947年 長女・萬を21歳で亡くす。
1951年 戦後の結成時から会員となっていた第二紀会を脱退。以後団体展から離れる。
1956年 脳卒中の発作を起こす。以後、写生旅行をやめる。
1967年 文化勲章受章者に内定したが、辞退。
1972年 勲三等叙勲を辞退。
1977年 8月1日、肺炎のため死去。
 書籍一覧
熊谷守一カレンダー
2018年版

2017年刊行
熊谷守一カレンダー
2017年版

2016年刊行
熊谷守一つけち記念館
所蔵作品画集

2015年刊行
守一のいる場所
2014年刊行
増補改訂版
蒼蠅

2014年刊行
無欲越え
熊谷守一評伝

2009年刊行
熊谷守一の猫
2004年刊行
熊谷守一
油彩画全作品集

2004年刊行
新装改訂版
蒼蠅

2004年刊行
画文集
ひとりたのしむ

1998年刊行

  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.