|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |
ホーム ランキング 重版本 予約 アート作品 展覧会情報 会社概要 ご利用案内

 Category

 
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸絵画
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定 サイン本 ★
★ 限定 特装・豪華本 ★
グッズ
2017年版カレンダー
2018年版カレンダー
アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧 表

 Contact

     
  営業部
Tel:03-3239-3381
 
 
  編集部
Tel:03-3239-3382〜3
 
 
 
e-mail
 
 

 求龍堂公式SNS

工芸・いけ花・書 > 工芸  > 丹波の名陶
  前の書籍 丹波の名陶 次の書籍  
丹波の名陶


[ 画像を拡大 ]
丹波の名陶
刊行 : 2009年10月
定価 : 32,400 (本体 : 30,000 円)
ISBN 978-4-7630-0908-1 C0072






丹波の民に継がれし八百年の炎。歴史を語る名品集成。

◆<民陶>の歴史を語る丹波焼
・丹波焼は日本六古窯の一つである。初めて平安時代末期に窯の煙をあげて以来800年、途絶えることなく承け継がれ、「我が国<民陶>の歴史を語る焼物」として親しまれている。

・穴窯期…桃山時代まで続いた穴窯で焼かれた品々は、紐造りの造形の上に焼成による自然釉や火色が力強い。

・登窯期…慶長末年(江戸初期)より導入された登窯が生み出した器は、轆轤成形と釉薬による、用に即した様々な形や文様が美しい。

・今日、時として日常の生活に溶け込み、時として茶席を飾る、まさに自由で日本らしい焼物といえるであろう。

◆渾身の撮り下ろし写真。豊富な論文。
・丹波焼の伝統美に現代を代表する写真家藤森武が挑んだ。かつて師土門拳と歩いた丹波篠山へおもむき、丹波焼に息づく命の炎と対話し、大型アナログカメラによる撮影を敢行した。

・本書は著名研究者による論文を豊富に掲載している。丹波焼の姿を鑑賞し、学術性の高い文により深い理解へと導く。作品名や主要文を日英で併記し、海外への丹波焼の紹介にも適する。

・本書を企画した丹波古陶館は平成21年に開館40周年を迎える。本書はその記念として出版し、初心者から研究者まで、あますところなく丹波焼の魅力をつたえるものである。

○本書の構成
第1章 自然釉の美【中世】
第2章 丹波の茶陶
第3章 窯変の美【近世】

○作品点数
作品 : 約100点120カット〜150カット
古窯址及び発掘陶片 : 約10カット
風景及び生花 : 約10カット

編集/中西薫(丹波古陶館館長)
撮影/藤森武(日本写真家協会会員、土門拳記念館理事・学芸員)
装丁/坪内祝義(TOKIデザイン室主宰、グラフィックデザイナー)

B4変型 上製本函入り 280頁(カラー208頁)



左:大壺 室町時代初期(南北朝)高38.2cm
中:大徳利 室町時代末期 高31.3cm 兵庫陶芸美術館(田中寛コレクション)
右:耳付水指 桃山時代 高17.6cm 広島・上田流和風堂

  注文照会  |   ご利用案内  |  会社概要  |  個人情報保護ポリシー  |  お問い合わせ  
Copyright 2017 KYURYUDO ART PUBLISHING CO.,LTD. All Rights Reserved.