|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
重版本 > ぼくのおかしなおかしなステッキ生活

前の書籍 ぼくのおかしなおかしなステッキ生活 次の書籍

ぼくのおかしなおかしなステッキ生活


[ 画像を拡大 ]
ぼくのおかしなおかしなステッキ生活
刊行 : 2014年1月
定価 : 1,980 円 (本体 : 1,800 円)
ISBN 978-4-7630-1330-9 C0095
数量 


介護用?
いえいえ、ステッキはお洒落なアイテムです


欧米にあり、かつて日本でも存在した「ステッキ文化」を見直し、介護用ではない、お洒落としての「ステッキの美学」を考察する。
人生を楽しむコツを伝授。ステッキの魅力満載のエッセイ集。

<目次>
プロローグ 紳士の友・人生の伴侶――ステッキ10得

Part1 余は如何(いか)にしてステッキ収集家となりし乎(か)
コレクターのほとんどはハンターである
世界に杖曳(ひ)けば、杖と出会う
イギリスはステッキの本場
エジプト・カイロでは盗掘者の気分だった

Part2 ステッキほど素敵(ステキ)で不敵(フテキ)なコレクションはない
ステッキはメッセージを発信する
ステッキとステッキ文芸 コレクションで行こう!
青春のステッキ・漱石の「洋杖(ステッキ)」そしてシブイ単なる杖(つえ)あるいは杖(じょう)
父としての鷗外の横顔とステッキにまつわる話二つ
幻の「ステッキ・ガール」と銀座の“お歩きさん”という新職業
今日の人士(じんし)にも〈ステッキ系〉と思われる人々がいる

Part3 ステッキ夜話――人生いろいろ、ステッキもいろいろ
こんな豆本にもステッキが
ステッキ散弾銃を使った日本人
戦時下でも若き文士はステッキを手に
失意の魂にステッキが寄り添う
ステッキは「握(にぎ)り」と「石突(いしづ)き」にご注意
ステッキ材の王、寒竹とスネークウッド
こんなにもあるステッキ材、と金子光晴の「硝子のステッキ」
ステッキと道化と無礼講
リンボウ先生のステッキ話と「James Smith & Sons」
福沢諭吉、新島襄のステッキ話
泉鏡花作・新派「婦系図」の二本のステッキ
「C・チャップリン&愉快なステッキ展」と「タカゲン」のYou Tube画像
杖・ステッキの神話的うんちく話
ステッキの誤った用い方

Part4 ぼくの愛(ステ)杖(ッキ)生活――いつでも杖を
別れても、好きな杖
手元のステッキ一本一本に思い出がある
ぼくの「仕込みステッキ・ベスト10」
ぼくの「いただきものステッキ・ベスト5」
ぼくの「掘り出しものステッキ・ベスト3プラス1」

あとがき――ステッキといつまでも
索引

著/坂崎重盛

四六判 上製本 256頁(図版約100点)

◆坂崎重盛(さかざきしげもり)
1942年東京生まれ、千葉大学造園学科で造園学と風景計画を専攻。
卒業後、横浜市計画局に勤務。
退職後、編集者、随筆家に。俳号「露骨」
主な著書に『東京本遊覧記』(晶文社)、『TOKYO老舗・古町・お忍び散歩』(朝日新聞社/文庫)、『「秘めごと」礼賛』(文春新書)、『東京読書 少々造園的心情による』(晶文社)、『神保町「二階世界」巡り 及ビ其ノ他』(平凡社)、『名著再会「絵のある」岩波文庫への招待』(芸術新聞社)、『粋人粋筆探訪』(芸術新聞社)がある。