Category
【期間限定】猫の日スペシャルキャンペーン (2024/2/22 〜 2024/2/29)
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
総合芸術 > クエイ兄弟 −ファントム・ミュージアム− (展覧会公式カタログ)

前の書籍 クエイ兄弟 −ファントム・ミュージアム− (展覧会公式カタログ) 次の書籍

クエイ兄弟 −ファントム・ミュージアム− (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
クエイ兄弟 −ファントム・ミュージアム− (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2016年7月
定価 : 3,300 円 (本体 : 3,000 円)
ISBN 978-4-7630-1623-2 C0071
数量 


カルト的人気を誇る双子のアーティスト・クエイ兄弟が創り出す
幻想的で妖しい美の世界がついに書籍化!


アートアニメーション、映画、CM映像、舞台美術など、幅広いジャンルで独自の美を創り上げてきた双子・クエイ兄弟が発信するミステリアスな美の世界は、本拠地であるロンドンを始めとした欧米や日本でカルト的人気と影響力を誇る。
本書は、世界のクリエイターを魅了し続ける創作の源泉を含め、知られざるクリエイティブの全貌が明らかになる、世界初の公式データブック!
アジア初の個展の公式図録兼書籍。

【構成】
 各作品のビジュアルとともに、正確なデータを掲載。これまで未発表であった作品の情報も記録。
1 デコール(映像作品のボックス型模型再現)の部分アップで、独特な耽美的装飾が細部まで見て楽しめる。
2 ブラックドローイング(初期のタブロー作品一連)映像へ進む前の、クエイ兄弟のイメージの源泉が見える。
3 ポーランドポスター、ブックデザイン(空想装幀、実際の仕事作品など)
4 Student Films(学生時代の実験的映像作品)
5 Films(アニメーション、長篇実写映像作品)
6 CM Films(コマーシャル用作品 バドワ、コカコーラ、コムデギャルソンなど)
7 舞台美術(演劇、バレエ、オペラなど)

著/クエイ兄弟

B5変型 上製本 192頁(カラー図版300点)

【展覧会情報】
「双子が誘うミステリアスな美の世界 クエイ兄弟 −ファントム・ミュージアム−」
会場:神奈川県立近代美術館 葉山 ≫
会期:2016年7月23日(土)〜10月10日(月)
会場:三菱地所アルティアム ≫
会期:2017年3月25日(土)〜5月7日(日)
会場:渋谷区立松濤美術館 ≫
会期:2017年6月6日(火)〜7月23日(日)
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

◆クエイ兄弟(くえいきょうだい)
一卵性双生児のステファンとティモシーは、1947年にアメリカ・ペンシルヴァニア州に生まれ。
フィラデルフィアとロンドンの芸術大学に学び、ロンドンを中心に活動しながらオブジェや人形を用いたアニメーションで完成度の高い独自の美の世界を創り上げる。
2人は欧米のクリエイターの世界では有名な双子で、ピーター・グリーナウェイ監督の映画「ZOO」のモデルにもなる。
1966年の処女作「人工の夜景」は人形アニメに世界が注目するきっかけを作り、1989年のアニメーション作品「ストリートクロコダイル」の大ヒットにより活動の枠はさらに広がる。
ドキュメンタリー、ミュージックビデオ、バレエ映画、長篇映画、CMなど多ジャンルへの映像作品の留まらず、オペラや演劇の舞台デザインやプロジェクション映像も制作。
2010年にはコムデ・ギャルソンの香水「ウッド」のイメージ映像を担当。
2012年のロンドンオリンピックでは、リースの町の地下水路を使った大がかりなアートプロジェクトも行う。
同年、ニューヨーク近代美術館で回顧展開催。
2014年にはスペインで、ロシアのアニメーション作家ヴワディスワフ・スタレーヴィチ、チェコのアニメーション作家ヤン・シュヴァンクマイエルとクエイ兄弟による巡回展を成功させ、多忙を極める人気アーティストのクエイ兄弟が、ついにこの夏アジア初の個展を日本で開催する運びになる。