大和花道いけばなの家元、下田尚利の作品集と論集を一冊にした集大成。
|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
工芸・いけ花・書 > いけ花  > いけばなと私

前の書籍 いけばなと私 次の書籍

いけばなと私


[ 画像を拡大 ]
いけばなと私
刊行 : 2016年12月
定価 : 16,500 円 (本体 : 15,000 円)
ISBN 978-4-7630-1636-2 C0072
数量 

いけばなは、花との本気のやりとり。
いけるとは、手に取った花との出会いを
いかに深く楽しむかに尽きる。


大和花道いけばなの家元・下田尚利の作品集と論集を一冊にした2部構成の集大成。下田は、大和花道の「いけるという行為は、いま私が手に把ったこの花との一期一会の出合いを、いかに深く楽しむかということに盡きる。いけあがった結果を他者に伝えることも大切だが、それ以上に、いける過程で、どれだけ自由に、大胆に、緊張に満ちた花とのやりとりを押し進めていけるか。」という流派の根本理念を家元として受け継ぎつつも、表現者として時代時代で「いま」のいけばなを追求しつづけてきた。後半の昭和・平成を俯瞰する論集はいけばな史の貴重な資料となっている。本書は、ひとりの作家の作品集であると同時に、いけばな史の渦中で花を追求してきた表現者の軌跡である。

<目次>
いけばな作品集
 ・花木/花たち/平面/葉/実/野菜・果物/団体展/イベント/1950年代
対談 下田尚利×三頭谷鷹史
いけばな論集
いけばな年表
 ・昭和・平成いけばな史+下田尚利年譜
作品目録

著/下田尚利

A4変型、上製本 ケース入り 216頁(カラー図版96点、モノクロ図版15点)

◆下田尚利(しもだたかとし)
1929年、大和花道初代家元下田天映の長男として東京に生まれる。
早稲田大学第一文学部芸術学科美術史専攻卒業。
「新世代集団」「集団オブジェ」同人、「いけばな批評」編集同人。
広告制作会社プリビジョン設立。
昭和59年大和花道家元継承。
歴史、美術の観点からいけばなを考察した執筆も多く、いけばな作品は、伝統的ないけばな界に常に新鮮な影響を与えている。
現在、いけばな協会常任理事、Fの会同人として活躍中。