|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
【期間限定】生活応援半額フェア 【 〜 6/30 】
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2019年版カレンダー
2020年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫

 Recruit

  採用情報
健康 > 良医が語る医療現場のいま

前の書籍 良医が語る医療現場のいま 次の書籍

良医が語る医療現場のいま


[ 画像を拡大 ]
良医が語る医療現場のいま
刊行 : 2018年12月
定価 : 1,210 円 (本体 : 1,100 円)
ISBN 978-4-7630-1812-0 C0047

数量 


医療現場にいま何が起きているのか?
国・病院・患者の三角関係をひもとく


日本人には大病院志向があります。待ち時間1時間以上、診察数分、それでも大きな大学病院に行ってしまう。それによって、患者だけでなく、大学病院自体にも、じつは影響が出ていることは問題化しており、国も対策に乗り出しています。
町のクリニックと大学病院との連携が図れれば、もっと医療の世界はスムーズになり、それぞれが本来もつ役割を発揮できます。その実現に乗り出したのが、川田諭氏が立ち上げた「日本の医療を研究する会」です。
町のクリニックの専門性を高め、名医といわれる医師との連携を図り、患者さんの手厚いケアを施す。良医たちの紹介をはじめ、その活動をまとめたのが本書。
医療の画期的な形をご紹介する医療ドキュメンタリー。

<目次>
あなたは病気になったら、まずはどうしますか?
良医たちの取り組み
・南淵明宏(昭和大学横浜市北部病院 循環器センター教授)
・村上雅彦(昭和大学病院 副院長 消化器・一般外科教授)
・大圃研(NTT東日本関東病院 内視鏡部部長)
・赤石誠(東海大学医学部付属東京病院 循環器内科教授)
・池田宣聖(医療法人社団メディカルクラブ大興和理事長 クリニック池田院長)

医療業界への支援
・菅沼勇基(横濱コーポレーション株式会社代表取締役)☓川田諭(一般社団法人日本の医療を研究する会代表理事)

あとがき

著/一般社団法人日本の医療を研究する会 代表理事 川田諭

B6変型 並製本 176頁(図版約20点)

オフィシャルホームページ
日本の医療を研究する会 OFFICIAL WEB ≫