Category
【期間限定】猫の日スペシャルキャンペーン (2024/2/22 〜 2024/2/29)
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
建築・音楽・評伝 > 音楽  > 舘野泉フォトストーリー

前の書籍 舘野泉フォトストーリー 次の書籍

舘野泉フォトストーリー


[ 画像を拡大 ]
舘野泉フォトストーリー
刊行 : 2019年5月
定価 : 4,180 円 (本体 : 3,800 円)
ISBN 978-4-7630-1906-6 C0073
数量 


日本フィンランド外交関係樹立100周年記念出版

左手のピアニスト
感動の音色はどこから?
ピアノ・レジェンド舘野泉の未公開写真集!

他では聴けない自選6曲CD「舘野泉からの贈り物」付


ピアニスト・舘野泉の住むフィンランドと日本は今年で外交関係樹立100周年を迎える。
本書はこれを記念し、フィンランドと日本を中心に世界中で演奏をつづける舘野泉の音楽生活を、撮り下ろしの写真と自身の文章で紹介するフォトストーリーブック。
森羅万象から音色を感じ、大勢の人々の笑顔に出会うことで、舘野泉の音楽は生まれてきた。本書は、重篤な病から再起し、音楽を奏でつづけるピアニストが、今を生きるすべてのひとに贈る生命の賛歌である。

<目次>
フィンランド 光のメロディー
・ヘルシンキ〈自宅と周辺〉
・ヘルシンキ 〈コンサート〉
・ハイクポホヤ サマーハウス

日本 風のハーモニー
・学び舎にて子どもたちと
・バースデー・コンサート/コンサート
・どこでも聴くひとがいれば何処へでも
・自由が丘でのOFF TIME
・家族のアルバム

世界 笑顔たちに聴く 
・星々と大地の歌 ―舘野泉の音楽に寄せて/青澤隆明
・日本フィンランド修好100年。僕はいま82歳。/舘野泉

「左手の作品集」リスト

CD:舘野泉からの贈りもの 舘野泉自選曲集
潴 泉[ピアノ]、ヤンネ潴遏離凜.ぅリン]
1 ウルマス・シサスク/「エイヴェレの惑星たちOp. 142」より、エイヴェレの惑星たち(2012)06:00
2 塚本一実/母に捧げる子守唄(2015)03:35
3 光永浩一郎/ちきゅうといっしょに(2016)09:01
4 近藤浩平/海辺の雪~震災と津波の犠牲者への追悼 作品122(2016)08:42
5 谷川賢作/「スケッチ・オブ・ジャズ2」より、 3 ア・ソング・アフター・ダーク(2012)04:38
6 谷川賢作/「スケッチ・オブ・ジャズ2」より、 5 オールド・グランパス・シンプル・ジョーク(2012)03:39

著/舘野泉
写真/羮

B5変型 並製本 144頁(写真約240点)

オフィシャルホームページ
ジャパン・アーツ OFFICIAL WEB ≫

◆舘野泉(たてのいずみ)
1936年東京生まれ。
1960年東京芸術大学首席卒業。
1964年よりヘルシンキ在住。
1968年、メシアンコンクール第2位。同年より、フィンランド国立音楽院シベリウス・アカデミーの教授を務める。
1981年よりフィンランド政府の終身芸術家給与を得て、1990年以降は演奏活動に専念。
1996年日本と諸外国との友好親善への貢献に対し、外務大臣表彰受賞。
2002年脳溢血(脳出血)により右半身不随となるが、2004年「左手のピアニスト」として復帰。その左手のために間宮芳生、ノルドグレン、林光、末吉保雄、吉松隆、谷川賢作、coba等第一線で活躍する作曲家より作品が献呈される。
2006年より全委嘱作品によるリサイタルツアー「彼のための音楽を彼が弾く」を行う。同年「シベリウス・メダル」授与、また左手の作品の充実を図るため「舘野泉左手の文庫(募金)」を設立。
2008年長年の音楽活動の顕著な功績に対し、旭日小綬章受章および文化庁長官表彰受賞。
2010年演奏生活50周年を迎え、各地で記念公演を行い、日本初左手ピアノのための室内楽作品(末吉保雄:アイヌ断章、吉松隆:優しき玩具たち)を世界初演。
翌年8月にはヘルシンキにおいて東日本大震災のためのチャリティコンサートをすべて邦人作品によるプログラム(ソロ〜室内楽〜協奏曲)で行う。CD「祈り…子守歌」は『レコード芸術』の特選盤に選ばれる(エイベックス・クラシックス)。最新CD「シャコンヌ」が発売。
2012年NHK大河ドラマ「平清盛」テーマ曲およびエンディング音楽“夢詠み…紀行”のソリストをつとめる。
同年5月から左手ピアノ音楽の集大成「舘野泉フェスティヴァル〜左手の音楽祭」と称し2年間で全16回の大プロジェクトを始動する。
2019年日本とフィンランドが外交関係樹立100周年を迎えるにあたり、駐日フィンランド大使館より親善大使に任命される。演奏会は世界各地で3500回以上、リリースされたCDは130枚にのぼる。
人間味溢れ、豊かな叙情性をたたえる演奏は、世界中の幅広い層の聴衆から熱い支持を得ている。
著書に『星にとどく樹』『ひまわりの海』(いずれも求龍堂社刊)、『ピアニストの時間』(みすず書房刊)、楽譜『左手のピアノシリーズ『(音楽之友社)を出版。
南相馬市民文化会館(福島県)名誉館長、日本シベリウス協会会長、日本セヴラック協会顧問、サン=フェリクス=ロウラゲ(ラングドック)名誉市民。

















 舘野泉 関連書

舘野泉エッセイ集 ひまわりの海

舘野泉エッセイ集 ひまわりの海

ISBN 978-4-7630-0440-6 C0095

1,760円(本体1,600円)

舘野泉エッセイ集 星にとどく樹 世界を旅するピアニスト

舘野泉エッセイ集 星にとどく樹 世界を旅するピアニスト

ISBN 9784-7630-9639-5 C0095

1,650円(本体1,500円)