|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2019年版カレンダー
2020年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
洋画 > 真実の眼 − ガランスの夢 村山槐多全作品集 (展覧会公式カタログ)

前の書籍 真実の眼 − ガランスの夢 村山槐多全作品集 (展覧会公式カタログ) 次の書籍

真実の眼 − ガランスの夢 村山槐多全作品集 (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
真実の眼 − ガランスの夢 村山槐多全作品集 (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2019年06月
定価 : 7,150 (本体 : 6,500 円)
ISBN 978-4-7630-1912-7 C0071


図版点数477点、一挙掲載の新発見作品150点。
槐多の言葉、文学・書簡・日記も収録した、夭折の天才画家・村山槐多の全て!


464頁となる本書は全体を5章で構成し、4章・232頁までに及ぶ作品紹介頁では、総477点の絵画作品をしっかり鑑賞できる大きさで掲載。
また巻末には、槐多世界で絵画とともに重要な意味をもつ「詩、小説、短歌、書簡、日記」も全て掲載(生原稿があるものは画像も掲載)。
そして143点もの新発見作品を一挙掲載することで、わずか22歳で亡くなった夭折の画家の知られざる魅力の源泉と実像に迫る。
没後100年を経て、新たな発信を始める希代の天才・村山槐多の全てが収録された一冊。
本書は、2019年に、おかざき世界子ども美術博物館にて開催の「没後100年 岡崎が生んだ天才 村山槐多展」(サントミューゼ 上田市立美術館へ巡回)に合わせ刊行。

<目次>
第1章 早熟の画才 ― 岡崎・京都時代
第2章 周囲の期待、そして挫折 ― 上京直後
第3章 「アニマリズム」開眼 ― 新生槐多の猛進
第4章 晩年、失恋、闘病の末の一条の光 ― 美術と文学に遺したもの
第5章 書簡、葉書、文学、感想、日記

村山槐多と僕/阪口保
見いだされた村山槐多の「真実の眼」/村松和明

年譜
文献目録
作品リスト
参考図版

著/村松和明
寄稿/阪口保

B5変型 上製本 464頁(図版477点)

【展覧会情報】
「没後100年 岡崎が生んだ天才 村山槐多展」
日時:2019年6月1日(土)〜2019年7月15日(月)
会場:おかざき世界子ども美術博物館 ≫
日時:2019年7月27日(土)〜2019年9月1日(日)
会場:上田市立美術館 ≫
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

◆村松和明(むらまつやすはる)
愛知県岡崎市生まれ。
武蔵野美術大学卒業。
美術史家、著作家、キュレーター、美術家。
2003年、スペイン政府の給付により渡欧、サルバドール・ダリを研究。
研究論文をもとに構成されたNHKの特別番組「私が噂のダリである」が国際エミー賞(International Emmy Award 2006)にノミネートされる。
企画した「村山槐多の全貌展」が「2011年 美連協大賞・奨励賞」(美術館連絡協議会)を受賞。
主な著書に『ダリをめぐる不思議な旅』(ラピュータ)、『引き裂かれた絵の真相 夭折の天才 村山槐多の謎』(講談社)、『もっと知りたい サルバドール・ダリ 生涯と作品』(東京美術)、『もっと知りたい村山槐多 生涯と作品』(東京美術)、『不可思議な梢―four Elements 村松和明作品集』、研究論文に「村山槐多《赤ダリア》―新発見の油彩画に見いだされた新たな表現」『岡崎市美術博物館研究紀要第六号』などがある。




























《風景》1911年頃



《清水八坂ノ塔》1912年



《自画像》1914年



《尿する裸僧》1915年



《信州の農家》1915年



《自画像》1915年



《自画像》1918年