Category
【期間限定】猫の日スペシャルキャンペーン (2024/2/22 〜 2024/2/29)
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
総合芸術 > ちひろノート、Life

前の書籍 ちひろノート、Life 次の書籍

ちひろノート、Life


[ 画像を拡大 ]
ちひろノート、Life
刊行 : 2019年6月
定価 : 2,750 円 (本体 : 2,500 円)
ISBN 978-4-7630-1909-7 C0070
数量 


いわさきちひろ 生誕100年の記録
7組の作家たちとのコラボレーション!
大巻伸嗣、plaplax、石内都、spoken words project、トラフ建築設計事務所、谷川俊太郎、長島有里枝


戦後、子どもたちの幸せを願う絵を描きつづけ、働く女性として、母親として、また、自分らしい歩み方で人生を切り開いていった人“いわさきちひろ”。
「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」という自身の言葉の通り、戦争や社会問題によって失われるかけがえのないもの ― あたり前の生活、身近ないのち ― の大切さを表現しつづけました。
いわさきちひろの仕事への情熱は、「Life—生きてゆくこと」の愛しさ、美しさを絵を通じて感じてもらいたいという願いから生まれ、生涯、その道をまっすぐに歩みました。
2018年はいわさきちひろの生誕100年にあたり、ちひろ美術館では、様々な分野で活躍する7組の作家たちが、「Life(いのち、生命の力、いきもの、人生、生涯、生活、暮らし方、活気、生きがい等)」をテーマにちひろの世界とコラボレートした「いわさきちひろ生誕100年「Life展」」を7回に渡り開催。
本書では、この7回にわたる展覧会内容を一冊にまとめ、展覧会を見た人も、そうでない人も追体験できるように構成。
書名である『ちひろノート、Life』には、見る人が多様な視点で本の中を探訪し、自分の心に響く事、モノは何かを感じとっていく、「自分のLifeノート」にしてほしいという思いを込めています。

<目次>
まなざしのゆくえ/大巻伸嗣(アーティスト)
あそぶ/plaplax(アートユニット) 
ひろしま/石内都(写真家) 
着るをたのしむ/spoken words project(ファッションブランド) 
子どものへや/トラフ建築設計事務所(建築家)
みんないきてる/谷川俊太郎(詩人) 
作家で、母で つくる そだてる/長島有里枝(アーティスト)
Life誕生秘話、グラフィックデザイナー長嶋りかこの想い

編/ちひろ美術館

B5変型 並製本 152頁(ビジュアル点数177点、ちひろ作品70点)

オフィシャルホームページ
ちひろ美術館 OFFICIAL WEB ≫

◆いわさきちひろ
福井県に生まれ、東京で育つ。
東京府立第六高等女学校を卒業。
藤原行成流の書を学び、絵は岡田三郎助、中谷泰、丸木俊に師事。1946年日本共産党に入党。
1950年松本善明と結婚。
同年、紙芝居「お母さんの話」を出版、文部大臣賞受賞。
1951年長男・猛を出産。
1952年下石神井(東京・練馬)に自宅兼アトリエを建てる。
1956年小学館児童文化賞、1961年産経児童出版文化賞、1973年『ことりのくるひ』(至光社)でボローニャ国際児童図書展グラフィック等を受賞。
1974年肝臓ガンのため死去。享年55歳。
現存する作品は約9500点。
その他の代表作に『おふろでちゃぷちゃぷ』(童心社)、『あめのひのおるすばん』(至光社)、『戦火のなかの子どもたち』(岩崎書店)などがある。生誕100年記念「Life展」での詩人・谷川俊太郎とのコラボレーションで生まれた詩とちひろの絵が絵本『なまえをつけて』(講談社)として刊行。



















アトリエの自画像『わたしのえほん』(新日本出版社)より 1968年



ちひろ美術館・東京 展示風景(2回通路部分)



《このあし たん》1969年



plaplax「絵の具の足あと」2018年



《ひろしま》石内都



《緑の風のなかで》1973年