|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2018年版カレンダー
2019年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
展覧会カタログ > 原三溪の美術 伝説の大コレクション (展覧会公式カタログ)

前の書籍 原三溪の美術 伝説の大コレクション (展覧会公式カタログ) 次の書籍

原三溪の美術 伝説の大コレクション (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
原三溪の美術 伝説の大コレクション (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2019年08月
定価 : 3,024 (本体 : 2,800 円)
ISBN 978-4-7630-1910-3 C0071


たちまち重版!7,800部突破!

実業家でコレクターで茶人でアーティストでパトロン!
驚異の目利き、伝説の大コレクション

横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念
「原三溪の美術 伝説の大コレクション」展、公式図録兼書籍


原三溪は横浜において生糸貿易や製糸業などで財をなした実業家である。同時に独自の目利きで美術品を蒐集した「コレクター」であり、慣例にとらわれない自由な茶事を催した「茶人」であり、古建築を移築して三溪園を作庭、また自ら書画・漢詩をよくした「アーティスト」であり、有望な美術家を支援した「パトロン」でもあった。
原三溪の4つの側面「コレクター」「茶人」「アーティスト」「パトロン」としての業績に焦点を当て、今日国宝や重文に指定される名品を含む三溪旧蔵の美術品や茶道具を通して、明治・大正・昭和を生きた文化人・原三溪の全貌を描き出す。
横浜美術館開館30周年記念 生誕150年・没後80年記念「原三溪の美術 伝説の大コレクション」展公式図録兼書籍。

<目次>
序にかえて/逢坂恵理子
相関略図―三重塔としての原三溪

図版
1 三溪前史―岐阜の富太郎
2 コレクター三溪
3 茶人三溪
4 アーティスト三溪
5 パトロン三溪

コラム
大和文華館の原三溪コレクション/古川攝一(大和文華館学芸員)
原三溪と古筆/名児耶明(古筆研究家)
原三溪旧蔵の茶道具/水田至摩子(畠山記念館学芸課長)
三溪の芸術性―庭園・建築・美術―/北泉剛史(三溪園保勝会学芸員)
原三溪の建築―歴史的建造物の価値再生という視点から―/大野敏(横浜国立大学都市科学部建築学科教授)
東京国立博物館の原三溪コレクション―近代日本画の購入経緯とその意義/松嶋雅人(国立文化財機構 文化財活用センター企画担当課長、東京国立博物館学芸研究部調査研究課絵画・彫刻室)

資料篇
物我無二―原三溪の美術/柏木智雄(横浜美術館副館長、主席学芸員)
原三溪とチャールズ・ラング・フリーアー書簡に見る二人のコレクターの交流/内山淳子(横浜美術館主任学芸員)
三溪・原富太郎とフランス―原輸出店の欧文カレンダーをめぐって/猿渡紀代子(三溪園保勝会副理事長、元横浜美術館学芸員)

作品解説
原三溪関連年表/長谷川珠緒編(横浜美術館学芸員)
主要参考文献一覧/日比野民蓉編(横浜美術館学芸員)

作品リスト

企画・監修/横浜美術館

A4変型 並製本 272頁(図版約160点)

【展覧会情報】
横浜美術館開館30周年記念
生誕150年・没後80年記念
「原三溪の美術 伝説の大コレクション」展

日時:2019年7月13日(土)〜2019年9月1日(日)
会場:横浜美術館 ≫
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

オフィシャルホームページ
「原三溪の美術 伝説の大コレクション」展 OFFICIAL WEB ≫

◆原三溪(はらさんけい)
原三溪[本名・富太郎/慶応4(1868)―昭和14(1939)]は、横浜において生糸貿易や製糸業などで財を成した実業家、美術コレクター、茶人、近代日本美術の発展を支えたパトロン。
横浜の広大な土地に「三溪園」を造園し、自らも書画をよくしたアーティストでもある。
三溪園を無料で開放し、関東大震災後は私財を投じて横浜の復興に尽力するなど、社会貢献の精神を実践。
実業と文化の両面で、近代日本の発展に影響を及ぼした。