|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2018年版カレンダー
2019年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
展覧会カタログ > 円山応挙から近代京都画壇へ

前の書籍 円山応挙から近代京都画壇へ 次の書籍

円山応挙から近代京都画壇へ


[ 画像を拡大 ]
円山応挙から近代京都画壇へ
刊行 : 2019年08月
定価 : 2,646 (本体 : 2,450 円)
ISBN 978-4-7630-1918-9 C0071


京都。250年前から近代へ、時空を越えた王道の美。
円山・四条派の全貌を見渡す永久保存版!


18世紀、百花繚乱の時代と言われる江戸時代の京都では、それまでの王道であった狩野派に代わり、写生画という新しい風を持ち込んだ円山応挙が一世を風靡、円山派を確立する。
そして与謝野蕪村に学び応挙にも師事した呉春は、四条派という一派を生み出し、2派を合わせた円山・四条派が京都画壇に大きな影響力を与え、近代日本画へ継承されていった。

本書は「円山応挙から近代京都画壇へ」展公式図録兼書籍。
応挙を筆頭に、呉春、竹内栖鳳、上村松園までの45画人による、重要文化財12点を含む124作品を掲載。
また、展覧会の目玉でもある応挙最晩年の最高傑作であり、東京展で10年ぶり、京都では24年ぶりとなる”大乗寺襖絵”のある、兵庫県香住町の大乗寺を巻頭特集し、立体曼荼羅を構成する障壁画空間全てを紹介。
同時に、多様な作風が展開する13間の襖絵の部分拡大を多数掲載。特別企画として、客殿の一面を開放し、差し込む陽に黄金に輝く様子、日が暮れて闇間に金色に浮かび上がる幻想的な様子も公開。
撮影は写真家・三好和義。巻頭の「京都、百花繚乱の時代を知る」コーナーでは、江戸研究家・イラストレーターの善養寺ススムによる江戸時代の京都、町並再現地図を掲載。町人のエネルギーに満ちた当時の活気が伝わってくる。
250年前の京都から近代へ時空を越えて届ける、円山・四条派のすべてが判る一冊!

<目次>
【第一部 求龍堂編】
 特集其の一
・京都、百花繚乱の時代を知る。
・歴史的背景を見渡す/美術的背景を学ぶ 文章/黒田正子
・円山・四条派主要画家の系譜
・円山・四条派年表
・江戸時代・京都、四条界隈再現地図 地図作成/善養寺ススム

 特集其の二
・応挙寺・大乗寺訪問 文章/黒田正子、写真/三好和義

ごあいさつ

【第二部 図版】
・すべては応挙にはじまる。
・孔雀、虎、犬。命を描く。
・山、川、滝。自然を写す。
・美人、仙人。物語を紡ぐ。

円山・四条派の系譜/平井啓修
円山・四条派 ―その概念形成と歴史的意義― /古田亮
系譜図
主要参考文献
画家解説
作品目録

編集/平井啓修、古田亮、朝日新聞社、求龍堂
執筆/平井啓修、古田亮、小倉実子(京都国立近代美術館)、黒田正子
大乗寺特集頁写真/三好和義
地図イラスト/善養寺ススム

A4変型 並製本 256頁(図版約124点)

【展覧会情報】
「円山応挙から近代京都画壇へ」
日時:2019年8月3日(土)〜2019年9月29日(日)
会場:東京藝術大学大学美術館 ≫
日時:2019年11月2日(土)〜2019年12月15日(日)
会場:京都国立近代美術館 ≫
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

オフィシャルホームページ
「円山応挙から近代京都画壇へ」展 OFFICIAL WEB ≫