Category
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
総合芸術 > 岡田裕子 DOUBLE FUTURE ─ エンゲージド・ボディ/俺の産んだ子

前の書籍 岡田裕子 DOUBLE FUTURE ─ エンゲージド・ボディ/俺の産んだ子 次の書籍

岡田裕子 DOUBLE FUTURE ─ エンゲージド・ボディ/俺の産んだ子


[ 画像を拡大 ]
岡田裕子 DOUBLE FUTURE ─ エンゲージド・ボディ/俺の産んだ子
刊行 : 2019年8月
定価 : 1,980 円 (本体 : 1,800 円)
ISBN 978-4-7630-1915-8 C0071
数量 


人類の近未来をテーマとし、国内外で注目を集めた2作にフォーカスした、岡田裕子の初作品集!

本書は現代美術家・岡田裕子による初作品集であり、新作《エンゲージド・ボディ》と、2002年に制作された《俺の産んだ子》(2019年改訂版)および自作自解として本人によるこれまでの作品解説、ヒトゲノム解析の権威である武藤氏との対談などを収録。

《エンゲージド・ボディ》は2019年2月に恵比寿映像祭で発表され大変な好評を博した。その後、オーストリア・リンツのアルスエレクトロニカセンターで1年間の常設展示が決まるなど、国内外からも大きな注目を集めている。
未来の世界では、再生医療がさらなる発展を遂げ、ヒトの細胞株が、あらゆる身体の部分に分化するようになり、他者へ提供できるようになる。そんななか、ドナーとレシピエントの間では、契りの証として、再生した内臓をジュエリーに仕立てて贈り物をするという文化が芽生える。− 《エンゲージド・ボディ》はそんな架空の未来の物語。
互いに名乗り合うことが許されない代わりに、ジュエリーを贈り、受け取ることで、互いの身体の関係を確かめ合う。

一方17年前に制作された《俺の産んだ子》は、「男性が妊娠・出産する」という、こちらも架空の未来を描いた映像作品。
妊娠する男性S.K.氏は、他人との濃密なコミュニケーションを負担に感じ、恋人もいらない、結婚もしたくない、でもなんとかして実の我が子が欲しいと願う。
2002年に北九州市立美術館で発表されて以降、東京都現代美術館(2005年)、ニューヨークのブルックリン美術館(2007年)などで展示の機会を重ねて来た。

二つの作品はともに架空の未来を描いているが、それらは、じつは現在の現実を映す鏡のようなもの。これら先端医療にまつわるストーリーは、この17年の間に大きく変化した技術の革新性を感じることができる。その一方で、いまだに変わらない、差別や経済、生活環境などといった人間社会の問題も浮き彫りにする。

●日英併記

<目次>
はじめに
[図版とテキスト]
エンゲージド・ボディ
俺の産んだ子

[対談]
岡田裕子×武藤香織「生命倫理と批評的美術作人」

[エッセー]
笠原美智子「岡田裕子の愛と孤独、そして笑い」

[作品解説]
自然体としての多面体―岡田裕子の自作自解

略歴

著/岡田裕子

B5判 並製本 80頁(図版50点)

【展覧会情報】
岡田裕子展「ダブル・フューチャー」
日時:2019年7月10日(水)〜2019年8月10日(土)
会場:ミヅマアートギャラリー ≫

オフィシャルホームページ
岡田裕子 OFFICIAL WEB ≫
ミヅマアートギャラリー OFFICIAL WEB ≫

◆岡田裕子(おかだひろこ)
1970年、東京都生まれ。
93年、多摩美術大学美術学部絵画学科油画専攻卒業。
映像、写真、絵画、インスタレーション、パフォーマンスなど多様な表現を用いて、自らの実体験──恋愛、結婚、出産、子育てなど──を通したリアリティーのある視点で、現代社会へのメッセージ性の高い作品を制作。
近年の主なグループ展に「MOTアニュアル2005:愛と孤独、そして笑い」(東京都現代美術館、2005年)、「Global Feminisms」(ブルックリン美術館[ニューヨーク]、07年)、「Lesson Ø」(国立現代美術館[果川、韓国]、17年)、「第11回恵比寿映像祭:トランスポジション 変わる術」(東京都写真美術館、19年)、「Compass - Navigating the Future」(アルス・エレクトロニカ・センター[リンツ、オーストリア]、19年)など。
ニューヨークやソウル、ジョグジャカルタなど海外でのレジデンスプログラムにも参加。その作品は国内外で高く評価されてきた。
ほかにも、オルタナティブ人形劇団「劇団★死期」を主宰、家族で結成したユニット「会田家」などの個性豊かなアートプロジェクトにも関わりながら、幅広い活動を行う現代美術家。