|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2019年版カレンダー
2020年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
写真 > 夢の翳 塩谷定好の写真 1899−1988

前の書籍 夢の翳 塩谷定好の写真 1899−1988 次の書籍

夢の翳 塩谷定好の写真 1899−1988


[ 画像を拡大 ]
夢の翳 塩谷定好の写真 1899−1988
刊行 : 2019年10月
定価 : 3,630 (本体 : 3,300 円)
ISBN 978-4-7630-1920-2 C0072


植田正治が「神様のような存在」と綴った伝説の写真家、決定版写真集。

大正末から昭和初期にかけて一世を風靡した芸術写真は、福原信三、福原路草などで広く知られるが、塩谷定好はその草分け的存在であり、同郷の植田正治にとっては「神様のような存在」であった。
塩谷定好は、大正期に大人気となったポケットに収まる小さなカメラ・ベス単(ヴェスト・ポケット・コダック)を手に、独特な煙るようなソフトフォーカスの作品を生み出し、独自の手法で美しい印画を作り上げて、写真界で高い評価を受けていた。
本書は、遺族の手で大切に保管されてきた、極めて保存状態のいいプリントの中から選りすぐった、ベストセレクションとして纏める。
芸術写真の人気が再び高まる昨今において、塩谷作品の高質で品格のある美の世界は、時代を経てもなおモダンで、普遍の魅力を放つ。また、プリントと共に大切に保管されていた厖大な量の塩谷資料(自身が立ち上げたベストクラブ(後に写研会)を母体として、生涯ほとんど休まず精力的に活動した記録、写真雑誌など)を反映。その中には戦期に撮影がままならなくなる中、郷里赤碕から戦地に向かった若者へ向けて故郷の写真を送るなど、作品からも伺える慈愛に満ちた行動の記録なども残されている。
深い洞察と精神で「命」を捉えた人間・塩谷定好の生涯、精神、写真家としての活動の全貌、ひいては日本写真の歴史を知る上でも貴重な一冊となる。

<目次>
第一章 村の情景
第二章 子供の情景
第三章 海の情景
第四章 花の情景
塩谷定好写真館
鑑賞する「写真」/塩谷晋
夢の翳 塩谷定好1899-1988/蔦谷典子
TEIKO ALBUM
塩谷定好年譜
塩谷定好文献目録
塩谷定好作品目録

著/蔦谷典子
写真/塩谷定好

B5判 並製本 240頁(図版136点)

◆塩谷定好(しおたにていこう)
1899(明治32)年10月24日、鳥取県東伯郡赤碕町(現・琴浦町)生まれ。
1988(昭和63)年10月28日、同地で89歳で死去。
廻船問屋を営む塩谷家長男として生まれる。
塩谷家四代目・塩谷孫平(1846頃〜1881)は北前船蛭子丸で北海道まで行き、飢饉の折には住民に無償で食料を配り助けたと言われるが、同地で35歳の若さで病没。後を継いだ五代目・久次郎(1859〜1936)は、赤碕の収入役・助役・町長の三役を務め、赤碕駅を設置、小学校新築、通学路設置に尽力した功労者。写真にも興味を持ち、京都の写真館で写真掛軸を仕立てる。
子供の頃から絵が好きで上手かった定好は、13歳の頃、六代目の父親からイーストマン・コダック社の「ヴェスト・ポケット・コダック」を与えられ、写真表現に出会う。
1913(大正2)年6月22日、鳥取で芸術写真の愛好家が集い「写真クラブ」を結成。
その後、正式に「光影倶楽部」として発会される。定好は 1921年3月には例会に出席。
光影倶楽部を率いていた西郷北梼(本名:金居乙恵)の期待を受け交流をするようになった。
定好は倉吉農業学校卒業後、1919(大正8)年、20歳を前に会員88名で「ベスト倶楽部」を創設し、芸術写真を追求し、終生山陰の風景や人々を撮り続けた。
やがて時代は変わり、新興写真が勃興。戦後にはリアリズムが台頭するなど、写真表現の変遷によって定好の存在は忘れられていく。
そのなか、同郷の植田正治が再評価に奔走。
1979(昭和 54)年、80歳となった定好は、日本の写真史を紹介した展覧会「日本の写真1848年から今日まで」に、細江英公、奈良原一高とともに「1900年代の8人の巨匠」の1人として紹介され、50点近くを出品、3年以上をかけてヨーロッパ10カ国12都市を巡回。塩谷作品は大変な注目を浴びた。
その3年後、ドイツの写真見本市・フォトキナの展示でアンセル・アダムス、ルイジ・ギッリら 17名とともに出品され、最高賞のフォトキナ栄誉賞を受賞。
また、同年、アメリカ、フランスの写真雑誌で特集が組まれ、翌年にはアメリカでの第2回国際編集デザイン展で優秀作家賞を受賞。
定好が亡くなった1988(昭和63)年、ヒューストン美術館での展覧会に招待出品、その後に開催された個展は、1990 年までアメリカ国内の7会場を巡回。海外で高い評価を得ている作家である。




《思い出の落日》1933年



《松江風景》1929年



《村の鳥瞰》1925年



《海辺小景》1928年



《浴場小景》1925年



《少女》1937年



《波止場小景》1929年