|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2019年版カレンダー
2020年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
展覧会カタログ > 縄文王国やまなし (展覧会公式カタログ)

前の書籍 縄文王国やまなし (展覧会公式カタログ) 次の書籍

縄文王国やまなし (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
縄文王国やまなし (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2019年11月
定価 : 2,000 (本体 : 1,818 円)
ISBN 978-4-7630-1927-1 C0021


縄文美の最高峰がこの一冊に!
縄文王国やまなしの土器・土偶が凄い。渦巻く水煙から立ち上がる土器の文様、心奪われる土偶たち、これぞ縄文芸術の頂点。重要文化財39点掲載。


昨今の縄文ブームの中において、縄文土器の王様と言われる火焔土器などが広く知られている一方で、山梨で多く出土している水煙紋土器はを一堂に見る機会が少なく、まだまだ広く知られていない。
“水の煙”という名前の通り、流れるような文様で形作られた土器は優美そのもので、まさに縄文土器の女王と言える芸術性の高さを誇る。
山梨は水煙紋土器を特徴とした極めて重要な土器・土偶の宝庫と言える、多くの出土品に恵まれた縄文王国。
本書では、掲載作品56点のうち重要文化財を39点紹介し、各々の土器の美しさとデータを紹介。また図版紹介の合間に豊富なコラムも掲載し、山梨の遺跡・出土品に関する情報を読んで楽しめる。そして後半には、「縄文へのまなざし」として、縄文に惹きつけられた、眼科、医学、着物の帯、醸造、アート、哲学、料理など様々なジャンルの執筆者によるエッセイを特集。縄文人の生き方にも思いを馳せた、縄文ワールドへのロマンが詰まった、読んで見て楽しめる一冊。

●日英併記

<目次>
・ごあいさつ
・縄文美の特質/青柳正規(奈良県立橿原考古学研究所長)
・縄文王国やまなしと九州 ―教科書にみる縄文時代―/赤司善彦(市民ミュージアム大野城心のふるさと館長)

・縄文王国やまなしの土器や土偶
出土遺跡地図
水煙紋土器の造形/今福利恵
縄文人と生き物の関わり 〜イノシシと縄文土器〜/新津健
有孔鍔付土器とワイン/長澤宏昌
中部高地の土偶/小野正文
「星降る中部高地の縄文世界」日本遺産のストーリー/大竹憲昭
中部高地の石器 ―黒曜石・水晶原産地と山梨―/保坂康夫
クリとクルミは毎年実るか? ―東日本縄文人を支えたクリとクルミ―/佐野隆
縄文時代の植物栽培/中山誠二

・縄文へのまなざし:
2つの器形から ―「縄文王国やまなし」に寄せて―/三輪嘉六
縄文人と目/飯田智弘
DNAからみた中央高地の縄文時代人/安達登
「日本的とは何か」/山口源兵衛
生命へのアート 縄文のヴィーナスとキース・ヘリング/中村和男
徹底した抽象と創造的造形/橋本典子
縄文の食卓に思いをはせて/服部津貴子
縄文土器様甕を用いたワイン試醸/吉澤淑
縄文からの手紙/岩田修一
縄文土器の文様 見て、描いて、それから…/櫛原織江
1万5千年前からのメッセージ/青野祥子
縄文 ―今から150世紀前への驚きと発見/塚本レイ子

・出品目録

監修/九州国立博物館

B5変型 並製本 152頁(図版約約56点)

【展覧会情報】
「縄文王国やまなし」
日時:2019年10月29日(火)〜2019年12月22日(日)
会場:九州国立博物館 ≫
日時:2019年10月29日(火)〜2019年12月22日(日)
会場:大野城心のふるさと館 ≫
※本書は本展の公式図録兼書籍です。