Category
【期間限定】猫の日スペシャルキャンペーン (2024/2/22 〜 2024/2/29)
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
カルチャー > アイヌの祈り

前の書籍 アイヌの祈り 次の書籍

アイヌの祈り


[ 画像を拡大 ]
アイヌの祈り
刊行 : 2020年8月
定価 : 3,300 円 (本体 : 3,000 円)
ISBN 978-4-7630-2018-5 C0072
数量 


ウポポイ(民族共生象徴空間)・国立アイヌ民族博物館開業を記念して

カムイと生きる
北海道の大自然に捧げるアイヌの賛歌。ともに歌い、みんなで踊ろう。

今、全世界からアイヌ民族、先住民族は注目されている。
今年、初めての国立アイヌ民族博物館を敷地内に創設するウポポイ(民族共生象徴空間)が北海道・白老に開業する。出版界でもアイヌの少女を主役にした漫画「ゴールデンカムイ」はシリーズ累計1,000万部を突破、アニメーション化されている。
本書は、各地でアイヌ文化を守る方々のサポートを受けて編集された。写真家・堀内昭彦が北海道をくまなく巡り、大自然の中でカムイに祈りと舞を捧げる姿を捉えた写真で構成。
寄稿はウポポイ創設を地元白老で担う旧アイヌ民族博物館館長・野本正博、平取町二風谷でアイヌ伝統工芸を今に伝える関根真紀、阿寒シアター〈イコㇿ〉でアイヌの古式舞踊を新たなデジタル表現とともに発信する「ロストカムイ」舞台監督・床州生。
現代においてアイヌ文化を守るため、懸命に生きるアイヌの真の姿を伝える。

●日英併記

<目次>
ウポポ リㇺセ 歌と踊り
・ク リㇺセ 弓の舞
・フッタレチュイ 黒髪の踊り
・エムシ リㇺセ 剣の舞
・サロルン リㇺセ 鶴の舞

カムイノミ 神への祈り

シンヌラッパ イチャㇻパ 先祖供養

ネプキ 作る
・イナウ 木幣をつくる
・アットゥㇱ 伝統織物
・イタ 伝統木彫

トーラサンペ カムイノミ

○場面解説

○寄稿
・何気ない暮らしの中のアイヌプリ/関根真紀(アイヌ工芸作家)
・「阿寒ユーカラ『ロストカムイ』」からのメッセージ/床州生(アイヌ工芸作家/阿寒アイヌ工芸組合理事/『ロストカムイ』舞台監督)
・土地の記憶を「ウポポイ」に継ぐ/野本正博 (旧アイヌ民族博物館館長)

・あとがき/堀内昭彦

○アイヌイタㇰ アイヌ語
○北海道のアイヌ関連施設

写真・著/堀内昭彦
寄稿/関根真紀、床州生、野本正博

251×190mm 並製本 144頁(図版130点)

オフィシャルホームページ
ウポポイ(民族共生象徴空間) OFFICIAL WEB ≫
イランカラㇷ゚テ OFFICIAL WEB ≫

◆堀内昭彦(ほりうちあきひこ)
兵庫県西宮市生まれ。
1991年、東京から北海道へ移住。
2009年から奈良と北海道の二拠点で撮影をつづける。
「日本の原風景」をテーマとし、奈良をはじめ古都の風景や、北海道の雄大なありのままの自然の風景など、いにしえからかわることのない神秘的な景色を撮影し続けてきた。
一方、ヨーロッパの田舎を取材したことをきっかけに、クラッシックの作曲家の足跡をたどる写真なども手がける。音楽への興味は国内にも向かい、邦楽の源流を探る旅を通じて撮影した写真の発表により、日本文化の素晴らしさを発信し続けている。
近年、ライフワークとして「日本の聖地や祈り」をテーマに撮影をはじめ、アイヌ民族の文化と出会う。
既刊本として「カムイの世界: 語り継がれるアイヌの心」(新潮社)、「ブラームス音楽の森へ」「ショパンの世界へ」(世界文化社)、おとなの奈良「絶景を旅する」「心を澄ます旅」(淡交社)、「ショパン紀行」(東京書籍)、「ショパン紀行」(東京書籍)など。


この投稿をInstagramで見る

「アイヌの祈り」 ウポポイ(民族共生象徴空間)・国立アイヌ民族博物館開業を記念して刊行。 今、全世界からアイヌ民族、先住民族は注目されている。今年、初めての国立アイヌ民族博物館を敷地内に創設するウポポイ(民族共生象徴空間)が北海道・白老に開業する。出版界でもアイヌの少女を主役にした漫画「ゴールデンカムイ」はシリーズ累計1,000万部を突破、アニメーション化されている。 本書は、各地でアイヌ文化を守る方々のサポートを受けて編集された。写真家・堀内昭彦が北海道をくまなく巡り、大自然の中でカムイに祈りと舞を捧げる姿を捉えた写真で構成。 #アイヌ #アイヌ民族 #アイヌ文化 #アイヌ文様 #アイヌ語 #先住民 #ウポポイ #国立アイヌ民族博物館 #アイヌ民族博物館 #ゴールデンカムイ #カムイ #堀内昭彦 #美術館 #博物館 #美術 #芸術 #アート #写真 #作品集 #美術書 #芸術書 #贈り物 #求龍堂 #art #artbook #Japaneseart #gift #followme #likeforlike #kyuryudo

求龍堂(@kyuryudo_art_publishing)がシェアした投稿 -


























左:千歳アイヌ文化伝承保存会の長老(エカシ)
右:サロルン リㇺセ 鶴の舞




ク リㇺセ 弓の舞



ポロト湖畔に響くムックㇼ



根釧原野の湖



カムイノミ 神への祈り



平取町二風谷出身の関根摩耶さん