|   ログイン  |   新規会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
【期間限定】生活応援半額フェア
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
色彩飛行
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
展覧会カタログ > 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 (展覧会公式カタログ)

前の書籍 小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 (展覧会公式カタログ) 次の書籍

小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 (展覧会公式カタログ)


[ 画像を拡大 ]
小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌 (展覧会公式カタログ)
刊行 : 2021年8月
定価 : 2,640 円 (本体 : 2,400 円)
ISBN 978-4-7630-2124-3 C0071
数量 


異色の戦争画《國之楯》を描いた抒情と沈黙の画家、小早川秋聲。

僧籍を持ち、国内外を問わず旅を繰り返し、従軍も経験した異色の経歴。
その知られざる画業を紹介する、初めての大規模回顧展図録兼書籍。初公開の作品も多数掲載。


今、最も注目が集まる近代京都日本画家、小早川秋聲の全貌が明らかになる。
近年、東京都内での展覧会もあり注目度が上昇している。代表作の戦争画《國之楯》がひときわ目を引くが、その作品の多くはほとんど知られてこなかった。
本書は秋聲の初の大規模回顧展となる「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌(レクイエム)」の公式図録兼書籍で、約110点の作品とともにその画業を追う。
幼い頃に寺に衆徒として入り、複数回にわたり兵士として、画家として従軍した異質な経歴と、国内外を問わず旅行を繰り返した生涯から生まれた、清新で抒情的な作品と特異な戦争画を一堂に紹介する。
多数の初公開作品を新撮し掲載、その作品の魅力を存分に伝える。最新の調査結果を反映した詳細な年譜・文献目録に加え、研究者・遺族による多くのコラムも所収し、作品だけでなく、人間・小早川秋聲の素顔も明らかにする。今後の秋聲研究の基礎となる充実の一冊。

●日英併記

<目次>
総論 小早川秋聲 その画業と作品
第1章 はじまり――京都での修業時代
第2章 旅する画家――異文化との出会い
第3章 従軍画家として――《國之楯》へと至る道
第4章 戦後を生きる――静寂の日々
落款・印章
各論
年譜・文献目録
出品目録

著/小早川秋聲
監修/京都府京都文化博物館、東京ステーションギャラリー、鳥取県立博物館

B5変型 並製本 232頁(図版112点、資料10点、その他挿図多数)

【展覧会情報】
「小早川秋聲 旅する画家の鎮魂歌」
会場:京都文化博物館 ≫
会期:2021年8月7日(土)〜2021年9月26日(日)
会場:東京ステーションギャラリー ≫
会期:2021年10月9日(土)〜2021年11月28日(日)
会場:鳥取県立博物館 ≫
会期:2022年2月11日(金)〜2022年3月21日(月)
※本書は本展の公式図録兼書籍です。

◆小早川秋聲(こばやかわしゅうせい)
1885年、現鳥取県日野町にある光徳寺の長男として生まれる。以降、9歳まで母の故郷である神戸で過ごす。
1894年、京都・東本願寺の衆徒として僧籍に入る。
1901年頃、京都の日本画家・谷口香嶠に師事する。
1905年、一年志願兵として騎兵連隊に入隊、日露戦争に見習士官として従軍する。
1909年、京都市立絵画専門学校に入学するが、まもなく退学。東洋美術研究のため中国に渡る。
1914年、第8回文展に初出品する。翌年、師・香嶠を亡くす。
1916年、京都の日本画家・山元春挙に師事する。
1918年から2年半余りかけて、山陰、南紀、北海道を巡歴。3冊の画文集を刊行する。
1920年、年末に神戸から出航し2年半にわたり外遊。計17ヵ国を巡る。
1926年、要請を受けて日本美術の紹介をするため渡米。講演や個展を行う。
1930年、第11回帝展に《陣》を出品、推薦(永久無鑑査)となる。
1937年、日中戦争に際し、東本願寺の委嘱を受け慰問使として従軍する。
1943年、陸軍によりビルマに派遣され従軍。翌年には代表作《國之楯》を完成させるが、陸軍に受け取りを拒否される。
1945年、太平洋戦争終戦。戦後は日展委員も務めるが、体調を崩し、大規模展への出品はほとんどしなくなる。
1974年、老衰のため死去。享年88。













































左:《譽之的》明治末期〜大正期(個人蔵) 右:《恋知り初めて》大正期(個人蔵)



《未来》1926(大正15)年(個人蔵)



《陣》1930(昭和5)年(個人蔵)



《國之楯(下絵)》1944(昭和19)年頃(個人蔵)