Category
【期間限定】猫の日スペシャルキャンペーン (2024/2/22 〜 2024/2/29)
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
洋画 > 山内滋夫画集 艸木蟲魚圖

前の書籍 山内滋夫画集 艸木蟲魚圖 次の書籍

山内滋夫画集 艸木蟲魚圖


[ 画像を拡大 ]
山内滋夫画集 艸木蟲魚圖
刊行 : 2021年9月
定価 : 6,380 円 (本体 : 5,800 円)
ISBN 978-4-7630-2120-5 C0071
数量 


山内滋夫、半世紀に及ぶ画業と明日につなぐ画集、刊行。

画家である祖父里見勝蔵に師事し、70年代に渡仏、パリに留学し、ベルナール・ロルジュに学ぶ。帰国後は、写実画壇展を中心に、個展、グループ展で精力的に作品を発表する洋画家山内滋夫。
「祖父とは同じ絵を描くわけにはいかなかった。影響はありましたが、祖父は昭和の時代のモダンな絵を描いていましたが、僕は今の時代のモダンな絵を確立させなければならなかったんです」。里見勝蔵に徹底的に鍛えられ、ロルジュに新しい世界を切り拓くよう背中を押され、ただただ絵に向き合う日々。考えに考え抜かれたモチーフの配置、色彩の対比は、ギリギリをせめぎ合い、時間をかけて仕上げられていく。1点仕上げるまでには多くの時間を要するが、それは必然なのだということが作品から伝わってくる。
「花、果物、蝶、スーパーボール、籠目。各モチーフは周到、緻密に配置され、時間を止めた永遠の時のなかで役割を演じている。しかし、丹念に幾層にも塗られた色面は、馥郁とした深みを伝え、色本来の魅力を際立たせる。
この明快かつ深みを感じさせる色彩は、考え抜かれた色面対比によって、現実の固有色から解き放たれた、新たな色彩の世界を生み出している。」こう語るのは、本書を監修した土方明司氏(川崎市岡本太郎美術館館長)である。そのくらい緊張感をもった作品を生み出し続けている山内滋夫が、半世紀にも及ぶ画業を振り返り、まとめたのが本書である。
自ら過去の作品から新作までを一望することで、描くことに改めて向き合うこととなった。この画集はひとつの通過点にすぎない。まさに「明日につなぐ画集」なのである。古希を過ぎてもなお、絵を描くことに挑み続ける山内滋夫の作品に、本書を通じて出合ってほしい。画家渾身の画集である。

○「SINCE2000」と「1969〜1999軌跡」の二部構成、全152点掲載。
○「SINCE2000」は、「赤と青」「緑と黄」「風景」「形」「黒」というテーマに分けて作品を紹介。
○「1969〜1999軌跡」は、初期の自画像作品や模写作品から始まり、画風や様式の方向性が決まるまでの軌跡を紹介。
○これまで山内滋夫作品を評してきた識者の論考再録:水沢勉、本江邦夫、米倉守、ワシオ・トシヒコ、ベルナール・ロルジュ、中村伝三郎(掲載順)
○年譜や文献目録といった資料も充実。

●日英併記

<目次>
山内滋夫の絵画/土方明司
作品図版
SINCE 2000
 赤と青
 緑と黄
 艸木蟲魚圖/水沢勉
 風景
 二重性の詩人 ─ 山内滋夫の絵画について/本江邦夫
 形
 明快な無常観 ─ 黙示する絵姿/米倉守
 黒
 世界でたった一つの静物画様式 ─ 山内滋夫のなかの西洋と日本/ワシオ・トシヒコ

1969〜1999 軌跡
 巴里/山内滋夫
 個展によせて/ベルナール・ロルジュ
 個展から 山内滋夫/中村伝三郎
 ひとりぼっちのひろやかさ/米倉守

資料
折々に/山内滋夫
祖父について/山内滋夫
内滋夫年譜
山内滋夫文献目録
掲載作品目録
Texts
Biography
あとがき

著/山内滋夫

245×260mm 上製本 212頁(図版152点)

【展覧会情報】
画集「艸木蟲魚圖」刊行記念「山内滋夫展」
会場:日本橋高島屋S.C. ≫
会期:2021年10月20日(水)〜2021年10月26日(火)
会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ ≫
会期:2021年11月3日(水)〜2021年11月9日(火)
会場:高島屋大阪店 ≫
会期:2021年11月17日(水)〜2021年11月23日(火)
会場:高島屋横浜店 ≫
会期:2022年1月12日(水)〜2022年1月18日(火)

◆山内滋夫(やまうちしげお)
1947年 大阪府生まれ。
1966年 祖父・里見勝蔵に師事。
1972年 渡仏(〜77年)パリ国立美術学校に学ぶ。ベルナール・ロルジュに師事。
1978年 写実画壇展に出品(以降毎年)
1980年 横浜眦膕阿砲童津検82、84、85、88、98、2000、06、10年)
1983年 東京、もりもと画廊にて個展(85、87、89、91年)
1984年 大阪、たきい画廊にて個展(86、88、90、93、96、99、03、06年)
1998年 八月会展に出品(日動画廊 〜06年)
2001年 日本橋眦膕阿砲童津検大阪店他巡回(04、08、12年)
2010年 實の会展(日本橋眦膕亜12、14年)
2017年 眦膕阿砲童津検陛豕日本橋/大阪/名古屋/塢諭
2018年 第1回新・新環展(永井画廊)
2019年 艸木蟲魚圖 FAUNA&FLORA 山内滋夫(ギャラリーTOM)
2020年 多面体(始弘画廊)
現在 写実画壇会員。