Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
【 特装版 】いつかの森 平澤まりこ作品集
グッズ
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
写実絵画 > whiteness 藤田貴也

前の書籍 whiteness 藤田貴也 次の書籍

whiteness 藤田貴也


[ 画像を拡大 ]
whiteness 藤田貴也
2022年3月
定価 : 3,300 円 (本体 : 3,000 円)
ISBN 978-4-7630-2202-8 C0071
数量 


現代のリアリズムを映し出す一人、藤田貴也。
最注目の写実画家、待望の初画集!


静謐な空気に支えられた「気高い人体」という存在 —— さながら、目の前の人の居る空間の中から幾つもの「生」の摂理を見出すかのような意志が立ち昇っている。
(野地耕一郎 寄稿より抜粋)

藤田は人間の複雑性を信じており、芸術は何らかの方法でその複雑さを映し出さなければならないと考えている。
(石黒賢一郎 寄稿より)

現代のリアリズムを映し出す一人、最注目の写実画家、藤田貴也。
50点の掲載作品は、驚愕の細密描写であると同時に、それぞれに異なる光の集積で形づくられた崇高な絵画空間である。ニュートラルで静謐な作品群だが、描かれているものの存在感は濃く、強い。
その仕事からは、画家が人物やモチーフが満たしているものを見極め、完全なる姿で映し捉えたことの迫力と、「全てのものはシンプルであり、確かにそこに存在している」という事実に心打たれる。
初画集となる本書には、寄稿として美術家の石黒賢一郎による「人間の複雑性を映し出す」、泉屋博古館東京館長の野地耕一郎の「存在の尊厳をまなざす−藤田貴也の写実」を収録。また、藤田自身の言葉と「絵をかくこと」という文章からは、気の遠くなるような制作を続ける画家としてのストレートな思い、真摯な姿勢が窺える。

[ 本書のポイント ]
・若手写実画家の最注目画家、待望の初画集
・1点1点をじっくり鑑賞できるようゆとりあるレイアウト。
・超絶な細密を確認できる部分拡大を掲載。
・著名美術評論家であり泉屋博古館東京館長の野地耕一郎、人気写実美術家・石黒賢一郎による充実の論考掲載。

●日英併記

<目次>
図版
「絵を描くこと」/藤田貴也
「人間の複雑性を映し出す」/石黒賢一郎
「存在の尊厳をまなざす―藤田貴也の写実」/野地耕一郎
作品リスト
年譜

著/藤田貴也
寄稿/野地耕一郎(泉屋博古館東京・館長)
寄稿/石黒賢一郎(美術家)

B5変型 並製本 112頁(図版50点)

【展覧会情報】
藤田貴也画集刊行記念展「whiteness」
会場:Art Fair Tokyo 2022(Gallery Suchiブース) ≫
会期:2022年3月11日(金)〜2022年3月13日(日)
会場:Gallery Suchi ≫
会期:2022年3月19日(土)〜2022年3月26日(土)

オフィシャルホームページ
藤田貴也 OFFICIAL WEB ≫

◆藤田貴也(ふじたたかや)
1981年 埼玉県生まれ。
2007年 多摩美術大学大学院美術研究科油画修士課程修了。群馬を拠点に制作。
2010年 トリエンナーレぐんたま(高崎シティーギャラリー、群馬)。
2012年 +PLUS THE ART FAIR(スパイラルホール、Gallery Suchiブース)。
2014年 アートフェア東京(東京国際フォーラム)。
2014年 第9回前田寛治大賞展(日本橋眦膕亜∩匍版酳館)。
2016年 ホキ美術館名品展巡回(〜2021)。
2017年 私の代表作展(ホキ美術館 〜2022)。
2019年 ホキ美術館×ヨーロッパ近代美術館(佐賀県立美術館/瀬戸市立美術館)。
2020年 超写実絵画の襲来ーホキ美術館所蔵(Bunkamura ザ・ミュージアム)。
2022年 「画集刊行記念展」(アートフェア東京、Gallry Suchi)。


































《Portrait》2011年



《EIKO 02》2016年



《Electric device》2015年 ホキ美術館



《FUMINE 02》2016年



《Hand-2》2022年 ホキ美術館



《Natsuka》2018-2022年