Category
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
絵本 > おばけのこ

前の書籍 おばけのこ 次の書籍

おばけのこ


[ 画像を拡大 ]
おばけのこ
刊行 : 2023年2月
定価 : 3,520 円 (本体 : 3,200 円)
ISBN 978-4-7630-2308-7 C0071
数量 


悲しい過去を胸にひとり暮らす女性の前に現れた、小さなおばけのこ。
森の国フィンランドからやってきたふしぎな物語。


舞台となるのは、光を求めてさまよう霊魂に溢れかえった暗黒の森―
そんな森の傍に移住した女性は、夜な夜な聞こえてくる霊魂の淋しげなうめき声に耐えかねて、ある夜、かれらを暗闇から解放しようと画策します。
その最中、名前のない小さなおばけのこが現れます。このこは、ほかのおばけたちと違って、暗闇からの解放を望まずに、おばけの姿のままこの世に生きて、女の子になって学校にいきたいのだといいます。
少し変わったこの「おばけのこ」との生活、巨大おばけ解放への挑戦、そして、ついに学校通いの準備が始まり、自分の名前を書く練習をするのですが…。 

[ 本書のポイント ]
・図版点数217点に及ぶフィンランド発の絵本。
・パラパラ漫画のように絵を中心にして物語が進行。
・北欧的な冷たく静かな雰囲気を放つ絵のどれもが魅力的。
・妖しい森のなかから登場する主役のおばけのこがかわいい。
・エドワード・ゴーリーのようなモノクロームの世界のエッセンスも感じられる世界観で、アート性の高い作品に関心がある大人から、少し不気味だけどかわいい世界が好きな子供まで、親子で楽しんでいただける作品。

著/テルヒ・エーケボム
執筆/川内倫子
訳/稲垣美晴

B5変型 上製本 256頁(図版217点)

【展覧会情報】
絵本「おばけのこ」刊行記念原画展
会場:ブックハウスカフェ「こまどり」 ≫
会期:2023年4月12日(水)〜2023年4月18日(火)

◆テルヒ・エーケボム
フィンランド・ヘルシンキを拠点にアーティスト、グラフィックデザイナー、イラストレーターとして、ミラノやブリュッセル、ニューヨークなど、世界の都市で活動。
2000年にヘルシンキ美術大学(現・アールト大学)を卒業後、視覚芸術とグラフィックデザインを学び、2002年にはヘルシンキ・メトロポリア応用科学大学を卒業。
線描を用いたイラストレーションのほか、ウォールペインティングからコミックまで、さまざまな技術・媒体を用いて作品を制作する。
2014年に、フィンランド漫画協会から高い評価と功績を残したフィンランド人漫画家に贈られるプーパー帽賞を受賞。
日本では『おばけのこ』が初の出版作品となる。

YouTube 絵本『おばけのこ』(テルヒ・エーケボム/著 稲垣美晴/訳)