Category
「求龍堂100周年記念展」
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
カルチャー > にっぽん再発見 五島 世界文化遺産

前の書籍 にっぽん再発見 五島 世界文化遺産 次の書籍

にっぽん再発見 五島 世界文化遺産


[ 画像を拡大 ]
にっぽん再発見 五島 世界文化遺産
刊行 : 2023年2月
定価 : 2,200 円 (本体 : 2,000 円)
ISBN 978-4-7630-2214-1 C0026
数量 


神秘に溢れる心の原風景―
大小152の島々がおりなす五島列島
フォトガイドブック

世界文化遺産に登録、朝のドラマの舞台


そもそも日本の国は「日本列島」であり、6800ほどの島からなる。なかでも島の数が日本一多いのは長崎県で、島数の約14%、971島を有する。
いわば島の集合体といえる長崎県でも、とりわけ特徴的なのが東シナ海に浮かぶ五島列島だ。大小152の島々は、福江島・久賀島・奈留島・若松島・中通島の5島ほか人が住むのは18島で、大半が無人島だが、地形・自然・歴史・構造物のどれをとりあげても、他の観光地に比べて抜きん出た個性がある。
景観はおぼれ谷や太古の火山が築いた溶岩海岸、東シナ海の荒波が削り取った海蝕崖の造形など、自然の造形に驚かされ、見飽きることがない。
歴史は縄文時代から近世まで、古くから海の玄関口として西洋と東洋の文化・様式が共存し、入り交じり、今日に伝わっている。この独特な歴史の歩みにより、武家屋敷や神社仏閣が教会と肩を並べ、奇祭が営まれているのだ。
「キリシタン洞窟」のように隠れキリシタンの悲しい物語も残るが、現代まで守り続けた教会群は未来への遺産として大切に受け継がれている。
五島はほぼ全域が西海国立公園に指定され、平成30年には「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界文化遺産に登録され、朝のドラマの舞台にもなった。映画のロケ地やマンガにもなったのは、五島が人を惹きつけてやまないからだろう。各島に甲乙つけがたい魅力があり、人をいざなう。
一度訪れると五島にしかない印象に息を呑み、ただただ見とれ、カメラに膨大なデータを持って帰る。
また、島に生きる人はみな、おだやかで人懐こい。華美でない素朴なもてなしが心地よく、訪れる者をあたたかく迎え入れてくれる。海産物はもとより、米、トマトやブロッコリーなどの農産物、五島牛・五島豚とその加工品、五島うどんに焼酎など、うまいものもふんだんにある。あれもこれもと欲張っても、期待を上回る答えが提供されるのだ。
難を言えば、船または飛行機しか足がないので、行きにくい。しかしそれがかえって、「訪れた満足感」をかき立てる。行ってみれば必ず魅了されるし、行って良かったと実感できることうけあい。旅の醍醐味を満喫することができる。そしてしばらくすると、また訪れたくなるのだ。
気候風土と文化に醸された、心豊かになれる島、五島。万人をいざない、万人に愛される島、五島。本書は五島市と新上五島町を中心に、その秘密をさまざまな角度から、写真中心に紹介する一冊だ。

写真/山本一
執筆/川添智未

A5変型 並製本 104頁(図版210点)

◆山本一(やまもとはじめ)
1934年大阪市生まれ。
会社経営のかたわら趣味で写真を始め故・山本建三氏に師事、日本風景写真協会(JNP)の発起人となる。
2005年初の写真集「越後の棚田」出版。
2007年「農に魅せられて」、2008年「詩季有情」、2009年「百景繚乱」をはじめ、東京・大阪・京都・新潟・福岡・仙台・札幌・神戸・名古屋などで個展を開催。またグループ展も各地で開催。
現在:日本風景写真協会名誉会長、「フォト禅」顧問。「フォトゆうゆう」顧問。
著書「かさねいろ−風景にみる日本人の心−」、「雲海−翠黛迷路−」、「さとのうた−忘れかけていた、忘れられない農の風景−」「ふる里 かさねいろ−日本の美意識−」「いろこよみ 風景にみる日本人の心」以上、小社刊。

◆川添智未(かわぞえともみ)
京都生まれ京都育ちのライターで、京の食文化ミュージアムあじわい館の「食と酒の語りべ」。
飲むこと・食べることが大好きで、高じてロ利酒師・日本酒学講師・野菜ソムリエプロの資格を取得。
ときおり日本酒セミナーや料理教室の講師をしながら、旨い酒と肴を求めている。


 山本一 関連書

五島列島 山本一写真集

五島列島 山本一写真集

ISBN 978-4-7630-2213-4 C0072

2,750円(本体2,500円)

いろこよみ 風景にみる日本人の心

いろこよみ 風景にみる日本人の心

ISBN 978-4-7630-2006-2 C0072

2,200円(本体2,000円)

山本一写真集 ふる里かさねいろ

山本一写真集 ふる里かさねいろ

ISBN 978-4-7630-1711-6 C0072

2,200円(本体2,000円)

山本一写真集 かさねいろ 風景にみる日本人の心

山本一写真集 かさねいろ 風景にみる日本人の心

ISBN 978-4-7630-0905-0 C0072

3,080円(本体2,800円)

山本一写真集 雲海 翠黛迷路

山本一写真集 雲海 翠黛迷路

ISBN 978-4-7630-0906-7 C0072

2,200円(本体2,000円)

山本一写真集 さとのうた 忘れかけていた、忘れられない農の風景 

山本一写真集 さとのうた 忘れかけていた、忘れられない農の風景 

ISBN 978-4-7630-1201-2 C0072

3,080円(本体2,800円)