|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
高島野十郎 関連商品 > 過激な隠遁 高島野十郎評伝

前の書籍 過激な隠遁 高島野十郎評伝 次の書籍

過激な隠遁 高島野十郎評伝


[ 画像を拡大 ]
過激な隠遁 高島野十郎評伝
刊行 : 2008年8月
定価 : 2,640 円 (本体 : 2,400 円)
ISBN 978-4-7630-0818-3 C0071
数量 


画家は人生(本来の)を生きるために人生を捨てたのである。

真実の自由を求めて「俗世」で「世捨て」を貫いた精神のアナキスト高島野十郎の生き方
画家と熱く交流した著者による書き下ろし評伝


著者・川崎浹は60年代学生運動のバイブルとなった『テロリスト群像』を翻訳した日本を代表するロシア文学研究者。
24歳の著者が64歳の野十郎と運命的な出会いを果たし、年齢差を超越して思想、人生、芸術を熱く語りあった20年の歳月。「この世にあらざる写実」を描き続ける無名の老画家が「隠遁」を貫くために闘う姿は、「自称アナキスト(当時)」の著者をも瞠目させた。
本書は、俗世で魂の修行に生きた野十郎の真実の肉声を伝えるものであり、その声は現代に生きる我々に大きな示唆を与えてくれる。

著/川崎浹

四六判 上製本 304頁(口絵36頁)


この投稿をInstagramで見る

「過激な隠遁 高島野十郎評伝」 画家は人生(本来の)を生きるために人生を捨てたのである。 真実の自由を求めて「俗世」で「世捨て」を貫いた精神のアナキスト高島野十郎と熱く交流した川崎浹による書き下ろし評伝。 本書は、俗世で魂の修行に生きた高島野十郎の真実の肉声を伝えるものであり、その声は現代に生きる我々に大きな示唆を与えてくれる。 #高島野十郎 #眦臾扈熟 #蝋燭 #蠟燭 #川崎浹 #俗世 #評伝 #美術館 #展覧会 #絵画 #展覧会図録 #展覧会カタログ #美術 #芸術 #アート #画集 #作品集 #美術書 #芸術書 #プレゼント #フォローミー #いいね #求龍堂 #art #artbook #Japaneseart #gift #followme #likeforlike #kyuryudo

求龍堂(@kyuryudo_art_publishing)がシェアした投稿 -






 高島野十郎 関連書

高島野十郎画集 作品と遺稿

高島野十郎画集 作品と遺稿

ISBN 978-4-7630-0731-5 C0071

5,280円(本体4,800円)