|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
写実絵画
江戸美術
総合芸術
ニュージェネレーション
画文集
動物作品集
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「美」の人物伝シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2019年版カレンダー
2020年版カレンダー
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
写真 > 遠野 日本のふるさと 田中一郎写真集

前の書籍 遠野 日本のふるさと 田中一郎写真集 次の書籍

遠野 日本のふるさと 田中一郎写真集


[ 画像を拡大 ]
遠野 日本のふるさと 田中一郎写真集
刊行 : 2011年04月
定価 : 3,300 (本体 : 3,000 円)
ISBN 978-4-7630-1114-5 C0072


「おかえり」と迎えてくれる懐かしいふるさと、遠野。
深呼吸したくなるやさしい風景が心に沁みる。


写真家田中一郎が感じた日本の原風景。
遠野の写真集の決定版!

1964年から2年間遠野で暮した著者が30年ぶりに訪れた遠野は、昔の姿を失いつつあった。今のうちに遠野の美しい風景を後世に残そうと思い立ち、1997年再び遠野の地に下り立った。
1997年から2002年までの5年間、ほぼ毎月、遠野を撮り続けた写真家田中一郎。広がる田園、雄大な山々、鄙びた家並み、神々を祀る石碑、道端に可憐に咲く花々、紅く色づく樹々、深閑とした雪景。訪れた人を温かく受け入れてくれる、どこか懐かしい風景。
宮沢賢治が眺め、柳田国男が愛した、日本のふるさと遠野。

著/田中一郎

A4変型 並製本 112頁(図版109点)

◆田中一郎 (たなかいちろう)
1935年 東京に生まれる。
1960年 東京慈恵会医科大学卒業。
1964-66年 岩手県立遠野病院勤務。
1975年 相模原市にて耳鼻咽喉科医院を開設。
1997年 写真展「湘北の四季」をミノルタコミュニティスペースにて開催。
1999年 写真展「夢山河遠野」を富士フォトサロン(銀座)にて開催。
2000年 シリーズ「遠野夢紀行」が第8回「前田真三賞」にノミネートされる。
2003年 写真集『遠野夢山河』(光村推古書院)を出版。写真展「遠野夢山河」を富士フォトサロン(銀座)にて開催。
2007年 写真集『みちのくの詩』(光村推古書院)を出版。写真展「みちのくの詩」を富士フイルムフォトサロン(東京・仙台)にて開催。
日本風景写真協会(JNP)会員。