東信によるフラワーアート作品集。10年間の活動の軌跡をたどる
|   ログイン  |   会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2020年版カレンダー
2021年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
工芸・いけ花・書 > いけ花  > 東信作品集 花と俺

前の書籍 東信作品集 花と俺 次の書籍

東信作品集 花と俺


[ 画像を拡大 ]
東信作品集 花と俺
刊行 : 2013年3月
定価 : 4,290 円 (本体 : 3,900 円)
ISBN 978-4-7630-1237-1 C0070
数量 


東信 初作品集。

2005年よりフラワーアーティストとしての活動を開始した東信の約10年間の軌跡をたどる作品集。 2005年NYで初の個展を皮切りに、国内外での活動を精力的に展開。植物をキーワードに様々な分野で幅広く活動している。


爆破や宙づりなど、一見型破りな表現方法に、あなたはアートを感じるかもしれない。
しかししばらくして気づくだろう。今見ているのは、アート作品というより、ダリアそのものであり、百合のそのものであり、紛うことなき、花の本質そのものであるということを。
世の中の花に対する貧困な想像力を打ち破り、“生けることで花を自由にする”ために、様々な花の有り様、存在の多様性、奥深さを人に垣間見せるために、正面から花と向き合う。
生け花とは、人が花とどう関わるかの表明行為なのである。

●日英併記

著/東 信

B5変型 並製本 536頁(カラー528頁、モノクロ8頁)

プロジェクト
「EXOBIOTANICA」 ≫

◆東 信(あずままこと)
1976年 福岡県出身。
2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。
2005年よりフラワーアーティストとしての活動を開始。
同年、NYのトライベッカで行った初の個展を皮切りに、国内外での活動を精力的に展開。
また、2007年4月から2009年3月まで、東京・清澄白河にて2年間限定のプライベートギャラリー「AMPG」を開設し、自身の作品発表の場として数多くの展示を行う。
その後、2009年より、植物の可能性をさらに追求する実験的植物集団「東信、花樹研究所」(Azuma Makoto Kaju Kenkyusho = AMKK) を立ち上げ、植物をキーワードに様々な分野で幅広く活動している。
東信の全てにおける活動は、花・植物のみが有しているもっとも神秘的な形を見つけ、それを美的なレベルに変換し表現する事で、植物への尊厳を導き出し、その存在価値を高める事に一貫している。
































 東信 関連書

★限定サイン本 東信作品集 花と俺

★限定サイン本 東信作品集 花と俺

ISBN 978-4-7630-1237-1 C0070

4,290円(本体3,900円)