Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2023年版カレンダー
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
エッセイ > 片隅の美術と文学の話

前の書籍 片隅の美術と文学の話 次の書籍

片隅の美術と文学の話


[ 画像を拡大 ]
片隅の美術と文学の話
2017年4月
定価 : 3,080 円 (本体 : 2,800 円)
ISBN 978-4-7630-1712-3 C0095
数量 


文豪や詩人、画家たちのサイドストーリー

『鍵のない館長の抽斗』に続くエッセイ集第2弾。
館長の抽斗奥からさらに出てきた、文学と美術をめぐる32の物語。
現代日本を代表する美術史家、世田谷美術館館長・酒井忠康の軽妙かつ深い見識によって、近代日本を代表する文豪や詩人、画家たちの精神が映し出され、一筋縄ではいかない強烈な個性の作家たちの生き様が目に浮かぶ。
「鏑木清方《三遊亭円朝》をめぐる話」…鏑木清方と麻生三郎が、三遊亭円朝を挟み、時空を超えて江戸と昭和を?ぐ。「川端康成と古賀春江」…川端康成の心を揺らし続けた画家・古賀春江について「芥川龍之介の河童の絵」…芥川龍之介の人生を写したかのような自身による河童の絵の話。「渋澤龍彦の最後の注文書」…偶然に見せてもらえた、生前最後の本の注文書について等、読み出すと止められない、読書心をくすぐる名エッセイ集。

対談2編掲載
「幻影の人、西脇順三郎の詩と絵画」吉増剛造(詩人)×酒井忠康
「聞き手」若松英輔

「画家の詩、詩人の絵」窪島誠一郎(無言館館長)×酒井忠康
「聞き手」土方明司

<目次>
喫験悗犯術
志賀直哉と「美術」
高村光太郎―パリで秘密にしたもの
高村光太郎の留学体験
鏑木清方《三遊亭円朝》をめぐる話
谷崎潤一郎の美的側面
夢二と同時代の美術
川端康成と古賀春江
芥川龍之介の河童の絵
『枕草子』に駆られた断章
岡倉天心の『茶の本』―もっと深く知りたい日本
夏目漱石の美術批評「文展と芸術」
時代をとらえた眼の人

胸蹐罰┣
村山塊多と詩と絵画
萩原朔太郎の装幀
西脇順三郎の絵
幻影の人、西脇順三郎の詩と絵画
「瀧口修造 夢の漂流物」展に寄せて
文具店の溝口修造
中島敦と土方久功
喪失と回生と―保田與重郎
吉田一穂の書と絵のこと
高見順と素描
画人・三好豊一郎
画家の詩、詩人の絵
安岡章太郎展の一隅
近藤啓太郎『大観伝』にまつわる消された話
渋澤龍彦の最後の注文書
ある日の磯田光一
前田愛と小林清親
ある消息―山田稔著『マビヨン通りの店』
曠野の一軒家―米村晃太郎と神田日勝
再会の夜の雪道―加藤多一

景験愡曲
かまくら文士の片影

孤舛れたものがたり
美術と文学の共演

あとがき

著/酒井忠康

四六判 上製本 240頁

◆酒井忠康(さかいただやす)
日本の美術評論家、世田谷美術館館長。
1941年 北海道余市郡余市町生まれ。
1964年 慶應義塾大学文学部卒業。同年より神奈川県立近代美術館に勤務。
1979年 日本の近代美術史研究の『海の鎖 描かれた維新』(小沢書店、1977年)と『開化の浮世絵師 清親』(せりか書房、1978年)で注目され第一回サントリー学芸賞受賞。その後1992年より同館館長就任。
1992年 神奈川県立近代美術館館長就任。
2004年 世田谷美術館館長就任。
近代美術の研究、現代美術の評論活動を行う。


この投稿をInstagramで見る

酒井忠康エッセイ集「鍵のない館長の抽斗(ひきだし)」 日本を代表する美術評論家であり世田谷美術館館長・酒井忠康が、50年を越える美術館での活動の中で起きた数え切れないドラマ。 展覧会が出来上がっていくまでの作家とのやりとり、舞台裏など、数え切れない「人・事・作品」とのエピソードを、真摯な視点と独特なユーモアとを交え軽やかにまとめた珠玉のエッセイ集。 酒井忠康エッセイ集「片隅の美術と文学の話」 『鍵のない館長の抽斗』に続くエッセイ集第2弾。 館長の抽斗奥からさらに出てきた、文学と美術をめぐる32の物語。 酒井忠康の軽妙かつ深い見識によって、近代日本を代表する文豪や詩人、画家たちの精神が映し出され、一筋縄ではいかない強烈な個性の作家たちの生き様が目に浮かぶエッセイ集。 #酒井忠康 #世田谷美術館 #世田谷美術館館長 #文学 #美術評論家 #エッセイ #エッセイ集 #美術館 #展覧会 #美術 #芸術 #アート #画集 #作品集 #美術書 #芸術書 #プレゼント #贈り物 #読書 #フォローミー #いいね #出版社 #求龍堂 #art #artbook #Japaneseart #gift #followme #likeforlike #kyuryudo

求龍堂(@kyuryudo_art_publishing)がシェアした投稿 -









 酒井忠康 関連書

美術の森の番人たち

美術の森の番人たち

ISBN 978-4-7630-2024-6 C0070

3,080円(本体2,800円)

鍵のない館長の抽斗(ひきだし)

鍵のない館長の抽斗(ひきだし)

ISBN 978-4-7630-1510-5 C0071

3,080円(本体2,800円)