Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
【 特装版 】いつかの森 平澤まりこ作品集
グッズ
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
エッセイ > 美術の森の番人たち

前の書籍 美術の森の番人たち 次の書籍

美術の森の番人たち


[ 画像を拡大 ]
美術の森の番人たち
2020年10月
定価 : 3,080 円 (本体 : 2,800 円)
ISBN 978-4-7630-2024-6 C0070
数量 


『鍵のない館長の抽斗』『片隅の美術と文学の話』に続く第3弾。

美術の森を風通しのいい世界にするために生涯を捧げた35名の番人たち。
忘れがたき人たちとの想い出を、温かなまなざしで書き留めた、人物スケッチのようなエッセイ集。


著者・酒井忠康(世田谷美術館館長)が、学芸員としての第一歩を踏み出した神奈川県立近代美術館時代から始まり、56年にも及ぶ美術館での仕事を通じて出逢った、多くの忘れがたき人々。
本書では、美術界を「美術の森」と呼び、そこを豊かで風通しのいい世界にしたい——と、自分の持ち場で思い切り力を発揮した、美術館や画廊や美術系大学で仕事をもった人、新聞・雑誌の記者や編集者、美術評論家の中から、今は亡き35人を選び、それぞれの人達への追悼の言葉として語られている。
著者との交流の中に滲む人間味溢れる人となりや生き様を、温かなまなざしで捉えた人物スケッチのような、心に残る名エッセイ集。

<目次>
はじめに
序―美術の森の番人となる

佐々木静一と海と美術史/柳生不二雄さんのこと/感受性の庭―大河内菊雄/井関正昭―日伊文化交流の一隅/朝日晃氏を偲んで/追悼―弦田平八郎/実証の人―陰里鉄郎/懐かしい人―匠秀夫

批評の妙術―河北倫明/調整の人―嘉門安雄/中山公男―美術史にあそぶ/大島清次氏の横顔/三木多聞氏を偲んで/木村重信氏の手紙/宮川寅雄―励ましの言葉/針生一郎氏を悼む/東野芳明―「ぼくらの問い」に応えて/瀬木慎一―「美術社会学」と称して/中原佑介―創造のための批評/山口昌男―測りようのない物差し/芳賀徹氏を偲んで 

田中幸人―感性の祖形/米倉守―人生をもう一芝居/岡田隆彦―浸透する感性/浜田剛爾氏を悼む/山岸信郎―「モノ派」の発祥、他/石原悦郎氏を偲んで/和多利志津子―秘めたパトス/遅れた訪問―伊藤文吉/遠い日の記憶―中田健介/宛てのない手紙―中原悌二郎賞と齋藤傑/桜井武氏を偲んで 

菅沼貞三―学問の肌合い/八代修次―講義の着物を脱いで/片影―海津忠雄 

あとがき

著/酒井忠康

四六判 上製本 240頁

◆酒井忠康(さかいただやす)
日本の美術評論家、世田谷美術館館長。
1941年 北海道余市郡余市町生まれ。
1964年 慶應義塾大学文学部卒業。
同年より神奈川県立近代美術館に勤務。
1979年 日本の近代美術史研究の『海の鎖 描かれた維新』(小沢書店、1977年)と『開化の浮世絵師 清親』(せりか書房、1978年)で注目され第一回サントリー学芸賞受賞。その後1992年より同館館長就任。
1992年 神奈川県立近代美術館館長就任。
2004年 世田谷美術館館長就任。
近代美術の研究、現代美術の評論活動を行う。













 酒井忠康 関連書

片隅の美術と文学の話

片隅の美術と文学の話

ISBN 978-4-7630-1712-3 C0095

3,080円(本体2,800円)

鍵のない館長の抽斗(ひきだし)

鍵のない館長の抽斗(ひきだし)

ISBN 978-4-7630-1510-5 C0071

3,080円(本体2,800円)