Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
【 特装版 】いつかの森 平澤まりこ作品集
グッズ
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
すべての商品 > 【 特装本 】危うさの角度 北川健次作品集

前の書籍 【 特装本 】危うさの角度 北川健次作品集 次の書籍

【 特装本 】危うさの角度 北川健次作品集


[ 画像を拡大 ]
【 特装本 】危うさの角度 北川健次作品集
2018年11月
定価 : 96,800 円 (本体 : 88,000 円)
ISBN 978-4-7630-1833-5 C0072
数量 


祝!歴程特別賞受賞!!

《 限定100部 》
『危うさの角度 北川健次作品集』特装本刊行!


銅版画とオブジェの第一人者的存在の北川健次。
初めての本格作品集『危うさの角度 北川健次作品集』の刊行を記念した特装本。


人気のミクストメディア作品《密室論―blue de Lyonの仮縫いの部屋で》と《目隠しされたロレンツォ・ロットが語る12の作り話》を忠実に再現したミストグラフ版画2点に加え、アクリル額と、人気の高いオブジェを中心に、コラージュ、版画、写真、詩を収めた待望の本格作品集『危うさの角度 北川健次作品集』を、漆黒のクロス装函に収めた愛蔵本仕様。

北川健次が創り出す世界は、解体された断片の結合。
時空を越えて集積し、ノスタルジアの層となり、見る者の奥底に潜む、遠い記憶を揺さぶる「装置」と化す。
不穏な気配を漂わせながら、馥郁たるポエジーを孕んだ作品たち。
ページをめくるごとに濃度は深まり、忘れていた懐かしい記憶を呼び覚ます。

【 セット内容 】
・作品集『危うさの角度 北川健次作品集』1冊
・ミストグラフ版画2点(作家自ら押印したオリジナルエンボス付き)
 《密室論―blue de Lyonの仮縫いの部屋で》
 《目隠しされたロレンツォ・ロットが語る12の作り話》
・アクリル額1点(壁掛け用紐付き)
・上記3点が収まるクロス装函

著/北川健次

[ 仕様 ]
【作品集】 B5変型 上製本 148頁(図版153点)
【ミストグラフ版画】 縦314 x 横236mm(オリジナルエンボス入り)
【アクリル額】 縦367 x 横289mm(壁掛け用紐付き)
【函】 縦377 x 横298mm、クロス装印籠式貼函
【エディション】 限定100部、函奥付にエディションナンバー入り
※エディションナンバーの指定はできません。

[ ミストグラフとは ]
リトグラフやエッチングなど古典的版画技法に最新デジタル技術を融合し、コンピュータで画像処理したデータを元に顔料系特殊インクを霧(ミスト)のように吹き付けて印刷することにより、幅広い階調によるオリジナルに迫る再現性を実現した技術です。品質実験では、通常室内光下30年は退色しないというデータが出ています。
ミストグラフは、岡村印刷工業(株)の登録商標です。

オフィシャルホームページ
北川健次 OFFICIAL WEB ≫

◆北川健次(きたがわけんじ)
1952年福井県生まれ。
多摩美術大学大学院美術研究科修了。
駒井哲郎に銅版画を学び、棟方志功・池田満寿夫の高い賞賛を得て作家活動を開始。
銅版画とオブジェの分野における第一人者的存在。版画、油彩画、オブジェ、コラージュの他に写真、詩、評論も手がける。
鋭い詩的感性と卓越した意匠性を駆使した作品は美術の分野において独自の位置を占めている。
1975年現代日本美術展ブリヂストン美術館賞受賞。
1976年東京国際版画ビエンナーレ展(東京国立近代美術館)・1981年リュブリアナ国際版画ビエンナーレ展招待出品。井上有一(書)・四谷シモン(人形)・坂茂(建築)等と共に『未来のアダム展』招待出品(企画/盒極嗜此法
1990年文化庁派遣芸術家在外研修員として渡欧。
1993年来日したクリストによりオブジェ作品の賞賛を得る。
2008年ランボーを主題とした作品が、ピカソ、クレー、ミロ、ジャコメッティ、ジム・ダイン、メイプルソープらと共に選出され、フランスのアルチュール・ランボーミュージアムにて展覧会開催。同年CLAUDE JEANCOLAS著による“LE REGARD BLEU D’ARTHUR RIMBAUD”(FVWEDITION社)に、上記の作家等と共に掲載。
2010年『RIMBAUD MANIA』展(パリ市立歴史図書館)招待出品。
2011年個展(福井県立美術館)。
2014年『絶対のメチエ―名作の条件』展(ミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクション)招待出品。
2018年個展(CCGA現代グラフィックアートセンター)。
2018年歴程特別賞受賞。
著書に『「モナ・リザ」ミステリー』(新潮社)、写真集『サン・ラザールの着色された夜のために』(沖積舎)、『美の侵犯 蕪村×西洋美術』、『危うさの角度 北川健次作品集』(共に求龍堂)、共著に『死のある風景』(久世光彦と共著/新潮社)、詩画集『渦巻カフェあるいは地獄の一時間』(野村喜和夫と共著/思潮社)等。





























 北川健次 関連書

危うさの角度 北川健次作品集

危うさの角度 北川健次作品集

ISBN 978-4-7630-1815-1 C0072

4,070円(本体3,700円)

美の侵犯

美の侵犯

ISBN 978-4-7630-1429-0 C0071

2,640円(本体2,400円)