Category
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
全作品集
世界文学写真紀行
絵本
アニメーション
動物作品集
《 色彩飛行 》
《 求龍堂選書 》
《 生きる言葉 》
《「美」の人物伝 》
《 セイゴオ語録 》
《 にっぽん再発見 》
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
随筆
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
【 特装版 】いつかの森 平澤まりこ作品集
グッズ
2024年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
ギフト特集
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
お問い合わせは弊社商品についてのみに限らせていただきます。
出版企画の持込みはご遠慮ください。
展覧会カタログ > 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック (展覧会カタログ)

前の書籍 北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック (展覧会カタログ) 次の書籍

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック (展覧会カタログ)


[ 画像を拡大 ]
北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック (展覧会カタログ)
2020年2月
定価 : 2,640 円 (本体 : 2,400 円)
ISBN 978-4-7630-2002-4 C0072
数量 


ガラス芸術の巨匠
ルネ・ラリックの全貌を知る

北澤コレクション珠玉の名品約350点を全点掲載!


シャープで洗練されたルネ・ラリックのガラス工芸は、近年ますます注目され評価を高めている。
20世紀初頭のガラス界に「アール・デコ」というモダンな様式を生み出した工芸家ルネ・ラリック(1860-1945)の仕事は、日々の暮らしを豊かなものにするガラスづくりに特徴がある。
その姿勢は18世紀ロココ時代に遡るフランス流のエレガンス、すなわち優美で洗練された生活文化の創造に連なる。ジュエリー作家として過ごした前半生からラリックが着目していたガラス素材は、原料も入手しやすく量産にも適しており、芸術と実用を両立させることのできる理想的な素材であった。透き通る光の清らかさ、シルヴァーを思わせるゴージャスな輝き、鋳型を活用したガラス製法によって、ラリックはフランスの伝統である生きる歓びを謳歌し生活の豊かさを楽しむアートを、20世紀の現代によみがえらせてみせた。
本書は、ガレをはじめ世界屈指の収蔵を誇る北澤美術館が秘蔵するラリック・コレクションよりおよそ350点を集約し、煌びやかな代表作をお楽しめる一冊。

<目次>
ごあいさつ/清水雄輔(公益財団法人北澤美術館理事長) 

モダニティとエレガンス アール・デコの新時代を切り開いたガラス工芸家
1 ガラス工芸の世界へ 1910年代
2 アール デコの輝き 1920年代
3 晩期 1930年代
4 シール・ペルデュ

II 日々を彩る煌めきのガラス
1 置時計・照明器具・置物
2 香水瓶
3 化粧道具
4 アクセサリー
5 文具・印章・灰皿
6 テーブルウェア
7 カーマスコット
8 装飾パネル
9 デザイン画
10 ルネ・ラリック社商品カタログ

III 特集―パリの香りを運んだラリック
1 アール・デコの館 朝香宮邸
2 皇太子裕仁親王(昭和天皇)のパリ土産 1921(大正10)年
3 秩父宮雍仁親王のロンドン土産 1937(昭和12)年
4 クルマへの情熱
5 デルスニス展

技法解説
サイン
ルネ・ラリック モダン・エレガンスの美/池田まゆみ(北澤美術館主席学芸員)
主要参考文献
年譜
作品リスト・主要作品解説

編/北澤美術館
著/池田まゆみ

B5変型 並製本 192頁(図版約350点)

【展覧会情報】
「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック」
会場:東京都庭園美術館 ≫
会期:2020年2月1日(土)〜2020年4月7日(火)
会場:宇都宮美術館 ≫
会期:2020年4月26日(日)〜2020年6月21日(日)
会期:2020年5月12日(火)〜2020年6月21日(日)
会場:兵庫陶芸美術館 ≫
会期:2022年9月10日(土)〜2022年11月27日(日)
※本書は本展の図録兼書籍です。

◆池田まゆみ(いけだまゆみ)
北澤美術館主席学芸員、美術工芸史家、日本大学藝術学部非常勤講師、日本ガラス工芸学会理事。
1954年東京生まれ。
学習院大学フランス文学科卒、学習院大学大学院人文科学科博士課程修了。
著書『ルネ・ラリック-光への軌跡』平凡社、『ガレとドーム、四季の花』マリア書房、『ルネ・ラリックの香水瓶』imura art +books。共著『リモージュボックス』平凡社。共訳『ラルテ・ヴェトラリア-17世紀初頭のガラス製造術』春風社。
主な企画展「ルネ・ラリック・華やぎのジュエリーから煌めきのガラスへ」2009年国立新美術館他、「マイセン磁器の300年」2011年サントリー美術館他、「ガレの庭」2016年東京都庭園美術館他、「北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック―香りと装いの美―」2014年美術館「えき」KYOTO、2017年渋谷区立松濤美術館他、「ラリック・エレガンス」2019年練馬区立美術館他。






















花瓶《菊に組紐文様》1912年



左:ラリック製ガラス・プレート付香水瓶《レフルール》コティ社(瓶はバカラ製)1908年
右:花瓶《バッカスの巫女》オパルセント 1927年




左:小型常夜灯《忘れな草》、ほや《小さな葉》1919年
右:置物《座るねこ》1932年




左:香水瓶《バラ窓型の人物像》ガラスに金彩 1912年
右:香水瓶《バラ窓型の人物像》1912年




左:燭台《トウキョウ》1935年
右:カーマスコット《チャボ》1928年