|   ログイン  |   新規会員登録  |
  買い物かごを見る  |

 Category
【期間限定】生活応援半額フェア
重版本
展覧会カタログ
日本画
洋画
現代美術
江戸美術
写実絵画
総合芸術
画文集
ニュージェネレーション
版画集
彫刻
工芸・いけ花・書
染織・服飾
建築・音楽・評伝
写真
美術評論
色彩飛行
「求龍堂選書」シリーズ
「生きる言葉」シリーズ
「美」の人物伝シリーズ
「セイゴオ語録」シリーズ
全作品集
動物作品集
アニメーション
世界文学写真紀行
海外文芸
日本文芸
文庫
エッセイ
カルチャー
ビジネス
精神
紀行
健康
★ 限定サイン本
★ 限定特装本
グッズ
2021年版カレンダー
2022年版カレンダー
佐谷画廊 関連書
アート作品

   アート作品

 ショップご担当者様用

    求龍堂 注文一覧表 ≫

 Contact

  代表・営業部
  Tel:03-3239-3381
  編集部
  Tel:03-3239-3382〜3
  代表
  Fax:03-3239-3376
  Mail ≫
2021年版カレンダー > ショーン・タンカレンダー2021年版 もうひとつの世界

前の書籍 ショーン・タンカレンダー2021年版 もうひとつの世界 次の書籍

ショーン・タンカレンダー2021年版 もうひとつの世界


[ 画像を拡大 ]
ショーン・タンカレンダー2021年版 もうひとつの世界
刊行 : 2020年9月
定価 : 1,980 円 (本体 : 1,800 円)
ISBN 978-4-7630-2023-9 C0071
数量 


【 2021年の祝日変更に伴う訂正のお知らせ 】
2020年11月27日に国会内で可決・成立されました「令和三年東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会特別措置法改正案」により、下記のとおり一部祝日・休日に変更がありましたのでお知らせいたします。
当カレンダーの表記につきましては、法案改正前のものとなりますので、誠に恐れ入りますがご了承くださいますようお願い申し上げます。

[海の日]
変更前:2021年7月19日(月)
→ 変更後:2021年7月22日(木)
[スポーツの日]
変更前:2021年10月11日(月)
→ 変更後:2021年7月23日(金)
[山の日]
変更前:2021年8月11日(水)
→ 変更後:2021年8月8日(日) ※翌8月9日(月)が振替休日



エリックも、アライバルも、夏のルールも、全員集合!
絵本の選りすぐりの原画12点を掲載した、ショーン・タンカレンダー2021年版。


オーストラリアの作家ショーン・タン(1974年〜)は、1999年に刊行した初めての絵本『ロストシング』を元に、2010年に短編アニメーション映画を発表し、同年の第83回アカデミー賞の短編アニメ賞を受賞。
2006年に発表した文字なし絵本『アライバル』は大きな反響を呼び、各国で刊行され、日本でもその独自の世界観と表現方法で、熱狂的なファンを獲得。
2019年5月には日本初の展覧会『ショーン・タンの世界 どこへでもないどこかへ』展(2019年5月〜2021年1月予定)が開催され、改めてその評価と人気が高まりつつある。
本カレンダー掲載の12点は全て展覧会出品作品で、絵本に掲載されている名場面やスケッチで構成。ショーン・タンが描く不思議な世界、不思議な生き物、そんなパラレルワールドを飾って、毎月ちょっとした空想の旅をお楽しみください。

14枚組み(作品12点)OPP袋包装、中折れ式カレンダー

A4変型(297×221×厚さ5mm)

【展覧会情報】
「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」
日時:2019年5月11日(土)〜2019年7月28日(日)
会場:ちひろ美術館・東京 ≫
日時:2019年9月21日(土)〜2019年10月14日(月)
会場:美術館「えき」KYOTO ≫
日時:2019年12月21日(土)〜2020年2月11日(火)
会場:石ノ森萬画館 ≫
日時:2020年5月15日(金)〜2020年7月19日(日)
日時:2020年6月27日(土)〜2020年8月30日(日)
会場:安曇野ちひろ美術館 ≫
日時:2020年9月5日(土)〜2020年10月18日(日)
会場:そごう美術館 ≫

オフィシャルホームページ
「ショーン・タンの世界展 どこでもないどこかへ」 OFFICIAL WEB ≫

◆ショーン・タン
1974年オーストラリア生まれ。
幼いころから絵を描くことが得意で、学生時代にはSF雑誌で活躍。
西オーストラリア大学では美術と英文学を修める。
オーストラリア児童図書賞など数々の賞を受賞。
2006年に刊行した『アライバル』は世界中で翻訳出版されている。
イラストレーター、絵本作家として活躍する一方、舞台監督、映画のコンセプトアーティストとしての活躍の場を拡げている。
9年の歳月をかけて映画化した『ロスト・シング』で2011年に第83回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞。
同年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。
現在メルボルン在住。